頬リフトのダウンタイム、大体どのくらい?

頬リフトの手術の種類によっては、ダウンタイムが必要になります。切らない場合には腫れや痛み、内出血などのダウンタイムが短いことが特徴です。切る頬リフトの場合は、大体3週間から一ヶ月ほどのダウンタイムが必要になります。
頬リフトは手術になりますので、メリットもデメリットも存在します。両方をよく理解したうえで、医師やクリニックに相談するのがよい方法です。また、技術や経験が必要な手術ですので、経験豊富な技術力の高い医師を選ぶことが重要になります。また、修正や失敗を防ぐためにも、医師とのカウンセリングも大切です。手術後の腫れや痛み、内出血は避けては通れないものですが、一時的な症状であるので、しっかりと休ませることが重要になります。リフトアップを行なうことにより、あごから耳元のフェイスラインがはっきりとなり、口元のたるみを解消することができます。若返りやアンチエイジングには有効な手術であるといえるでしょう。

頬リフトのダウンタイム

主な手術は切ってリフトアップをする方法

加齢などが原因で頬がたるんでくると、正面から見ても目立つ状態になることが多いです。そこで、美容整形では頬リフトの手術を行ないます。
手術の方法は様々な種類があります。主な手術は切ってリフトアップをする方法です。切るリフトアップでは、生え際の皮膚を切除し、皮膚を引き上げて縫合します。そのため、傷跡が目立つことがデメリットです。メリットは、効果が持続しやすいことです。注射やレーザーはお手軽ですが、数回の治療が必要であり、効果があらわれにくいことが難点です。切るリフトアップでは、大きな傷跡が残ってしまいますが、皮膚の表面ではなく、たるみの深い部位おからしっかりと引き上げるので、効果があらわれやすいといわれています。最近の手術では、できるだけ傷が目立たない髪の毛で隠れている部位で縫合してくれるので、あまり気にならない方も多いです。
頬リフトの手術ではダウンタイムが必要になります。痛みや内出血、腫れなどがおこる場合もあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。