頬リフトのデメリットとして知っておきたいこと

頬のたるみは、正面から目立つ部分でもあり、目の下やほうれ線、口周り、マリオネットラインなどのたるみと比べても、特に目立つため気になる人も少なくありません。
頬リフトには、フェイスリフト手術や糸を使用して皮膚を引き上げるフェイスリフト、糸によって皮膚を刺激し、肌質を向上させる方法、高周波や超音波、レーザーなどの照射系治療、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入・注射系治療などがあります。
生え際の皮膚を切除して、皮膚を引き上げて縫合するフェイスリフト手術は、効果が高い反面、側頭部や耳前部の毛髪部や髪の生え際を切開して剥離するため、もみあげの位置がずれたり、生えているべき部分に生えず、生えていない部部に生えるというデメリットがあります。そのため髪の毛をアップにしたり、ショートカットにするのが難しく、手術後耳が変形してしまうというリスクも生じます。そのため近年では、糸を使った頬リフトが主流となっています。

頬リフトのデメリット

下へ移動した脂肪を元の位置へ戻すことが重要なポイント

レーザー照射やヒアルロン酸などを注入する頬リフトは、メスを使わずに手軽に行えることから、まず最初に考える人も少なくありません。
ただこれらの治療は、深くなったほうれい線などのしわを埋めるためにヒアルロン酸を注入することで、しわを改善することはできますが、元々高い位置にあった頬の脂肪が下へ移動して覆いかぶさってできたものですから、根本的な解決にはならず、溝が盛り上がるため、かえって不自然になるなど、デメリットがあります。
また照射系の治療も、肌質の改善には効果がありますが、たるみの改善、リフトアップ効果はあまり見込めません。
頬リフトは、下へ移動してしまった脂肪を元の位置へ戻すことが重要なポイントですから、糸によるリフトアップがもっとも効果的です。
伸縮性の優れた糸をたるみのきになる部分に挿入し、糸の突起を皮下脂肪に引っかけることで、肌が引っ張り上げられ、下垂してしまった組織のボリュームを元の位置に移動させることができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。