頬リフトの効果と失敗・修正のすべて!

頬リフトとメリット

頬リフトアップ治療はフェイスリフト(顔面除皺術・顔のリフトアップ)の一部のため、以下のような種類があります。

(1)フェイスリフト手術(切るリフトアップ)
(2)糸によって皮膚を引き上げるフェイスリフト(糸のフェイスリフト
(3)糸によって皮膚を刺激し、肌質を向上させる治療(韓国式美容鍼、金の糸など)
(4)高周波・超音波・レーザーなどの照射系治療
(5)ヒアルロン酸・ボツリヌストキシンなどの注入・注射系治療

フェイスリフト手術(切るリフトアップ)では、生え際の皮膚を切除し、上後方に皮膚を引き上げて縫合します。

頬の皮膚は、最も外側にある皮膚、その下の皮下組織、表在性筋膜(SMAS)、表情筋、骨膜、骨、という層になっており、どこの深さまで処理を行うかで、皮膚の剥離・切除・縫縮だけを行うもの、表在性筋膜(SMAS)の処理を行うもの、骨膜下の剥離を伴うものに分類されます。技術力の高い、経験豊富なドクター、名医を選ぶことが必要です。

頬リフトの効果と失敗・修正のすべて!

頬リフトの名医と有名病院

頬リフトの名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

頬リフトの症例数が多いだけではなく、クオリティの高い頬リフトの症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

頬リフトの症例写真

症例画像①

頬リフトの美容整形・手術・治療

頬リフトはほうれい線やゴルゴラインなどのしわやたるみに効果がある整形です。
中顔面はミッドチークと言われていて、引きあがるときにも注意が必要な部位です。

頬の脂肪を持ち上げることでブルドッグ顔のようなたるみも改善出来ます。
ただ、頬リフトは技術力が必要なため腕が悪い医師が行うと、効果が得られないまま失敗することもあります。

得意な医師だとSOOF(頬の脂肪のこと)がほうれい線の原因になっているときは、特にリフトアップ効果があります。
ほうれい線に被さっている頬の脂肪を簡便にリフトアップする目的でします。

部位はーラーファットやSMASの下、眼輪筋の上です。
頬上部のSOOF(頬の脂肪のこと)を引きあげながら、下眼瞼のタルミの引き上げを行うなのがスーフリフトです。

最初に腕の確かな医師や信頼できるクリニック選択が欠かせませんが、それでも失敗をすることはあります。

一度失敗をすると修正は難しいですが、出来るかは医師が判断するので受けたクリニックや頬リフトの施術が得意なクリニックに相談するとよいです。

頬リフトの整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。
ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

頬リフトの修正

頬リフトの失敗・修正・再手術

頬リフトの手術では、施術により左右非対称になってしまった、引きつってしまう、効果を得られないなど、技術の低いドクターを選んでしまうと後悔します。失敗例については、頬リフトで失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介で詳しく説明しております。

技術的にもドクターの経験値に大きく左右する事がありますので、是非輪郭形成、頭蓋学外科の名医を選択しなければなりません。入れ替え・修正・再手術を防ぐために、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

頬リフトの効果・仕上がり・アフターケア

頬リフトの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
効果が無い、引きつれ、麻痺、傷跡などによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

頬リフトの整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

頬リフトのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

頬リフトの整形にはトラブル・リスク・デメリットが付き物です。

頬リフトの施術方法には、いくつか種類があります。もっとも一般的なのが、糸による縫合で皮膚組織を持ち上げる方法です。

それ以外には、ヒアルロン酸注射や、韓国式の糸美容法で皮膚を活性化させること、レーザーを当ててたるんだ組織を修正する方法などが用いられます。

しかし、こうした頬リフト手術は効果が出にくいデメリットがあります。というのは、私たち東洋人の特徴として、頬骨が張っていることがネックになっているのです。

縫合などで皮膚を持ち上げようとしても、張り出した頬骨に邪魔されて頬正面の皮膚がうまくアップできないのです。こうした問題点を解消するために、皮膚の下の筋膜組織や、表情筋と骨をつないでいる腱まで切除してから、組織全体を持上げて縫合する術式も考案されています。

ですが筋膜の縫合手術には技能力が必要です。未熟な医師の手で施術されてしまうと、たるみがひどくなったり、縫合後の傷が目立つなどのトラブルがおこります。ひどい場合では耳の穴がふさがってしまった例もあるようです。

レーザー治療やヒアルロン酸注射も同様で、施術の後に皮膚トラブルが出てしまったり、効果が持続せずに通院が長引いてしまうというリスクがあるのです。頬リフトの手術は、このようにハイリスクな場合が多いのが課題です。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。頬リフトの手術における代表的なリスク・デメリットとしては、効果が無い・ひきつれ・傷跡・神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻)・後戻り・糸の干渉・皮膚の凸凹などが考えられます。

若返り・アンチエイジングの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

 

若返り・アンチエイジングの整形でのトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

関連する治療法>>>頬リフトのリスクとは?

白目の腫れ(浮腫) 目袋の膨らみが残る 凹みすぎ 下まぶたの外反 下三白眼 細かいシワが残る 小ジワの増加 下眼瞼の膨らみ 左右差 凹みが出来る 傷の凹みや段差 目の下から上口唇の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ 笑った時に口元が歪む 涙が溜まりやすくなる 効果がない 中縫いの糸が出てくる つっぱり 感染(化膿) 血が溜まる 傷が開く 白目や角膜の損傷 眼球の火傷 糸の露出 糸に対するアレルギー 糸に違和感・異物感 糸の突っ張り感・引きつり感 神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻) フェイスリフトの禿げ(脱毛) 表情が無くなる コーンが外れる 傷の段差・凹み 耳の変形 色素沈着

頬リフトの部位・箇所

頬リフトの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

頬リフトのダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムはプチ整形の若返り治療で1週間、切るフェイスリフトなら2週間程度が目安となります。
ダウンタイム中は安静にし、適宜冷やしたり、外出時にはマスクでカバーされる事をお薦めいたします。

ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどでお顔を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

頬リフトの料金相場と安い価格・費用

料金相場はプチ整形なら80万円で、値段は安いと50万程度。

頬リフトのまとめとオススメ

プチ整形から切るフェイスリフトまで様々な手術方法がありますので、バリエーションの豊富な病院・名医を選び、クオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

オススメの名医を全国でリストアップしておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡いただければ幸いです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

“頬リフトの効果と失敗・修正のすべて!” への1件のコメント

  1. 佐武好江 より:

    頬リフトの上手い名医さんをご紹介してください。
    私は65才女性です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。