エックス(X)トーシスのアフターケアで外せないポイント

いつまでも美しく保ちたいと願う事ですが、年を重ねるに従って肌にたるみが出てしまいます。肌にたるみが出てしまう事によってシワの原因になり、ファンデーションがシワに入ってしまったりホウレイ線が濃くなり、年齢よりも老けて見えてしまう原因になってしまいます。エックス(X)トーシスは、特殊な毛羽立ちのある糸を使用した切らない方法で若返りを行う事が出来る治療方法です。エックス(X)トーシスを受ける事によってフェイスラインの皮膚を引き上げる事が出来るので、シワやたるみを簡単になくす事が期待できます。エックス(X)トーシスのアフターケアとして、術後は冷やす事で腫れが緩和され、1年から3年はリフトアップ効果を実感する事が出来るのが特徴です。痛みがある方のアフターケアとして、クリニックからは痛み止めの鎮痛剤を処方されるので、アフターケアには冷えたタオルなどで冷やしながら、経過を見る事と鎮痛剤を使用する事がオススメです。

エックス(X)トーシスのアフターケア

冷やす事で痛みや腫れを緩和

従来のフェイスアップの治療を整形外科医で行うには、メスで切開をして肌を引き上げるのが一般的でしたが、近年ではエックス(X)トーシスで特殊な糸を使用して、自然で腫れが少なく簡単にフェイスアップの皮膚の引き上げを行う事が出来るようになりました。
エックス(X)トーシスで短時間で手軽に若返りの治療を行う事ができ、顔やしわや美肌などにも効果的に行う事がで期待できます。
個人差にもよりますが、エックス(X)トーシスの施術をした後のアフターケアとして、腫れや痛みが出る場合には冷やす事で痛みや腫れを緩和する事ができます。
通院や入院を行う事もなく、切開するリフトアップの治療よりも腫れが少なく痛みもないため、美しさを保ちながらたるみを引き上げる特殊な糸を使用して、年齢には負けない美しい肌を手に入れる事ができます。
たるんだ肌になる事で顔の輪郭がぼやけてしまい、シワが深く出てしまいますが、簡単な施術方法でいつまでも美しくいる事ができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。