エックス(X)トーシスで起こり得るリスクとは

エックス(X)トーシスとは頰のリフトアップに効果的な美容整形の方法です。最近美容整形外科で提案されることが増えてきている手術で、経験のある医師も増えている傾向にあります。エックス(X)トーシスは、吸収性か非吸収性の糸を顔に挿入して、頬を引き上げることによって、頰のリフトアップをねらう施術です。糸を2本使用するという点に特徴があり、この2本の糸を頬の中でクロスして通して引き上げることによって、頬を効果的にリフトアップすることができます。他のリフトアップの整形手術よりも、輪郭がくっきりとシャープに出るという特徴もあるので、すっきりとしたフェイスラインを目指したいという人におすすめされる施術です。
比較的新しく効果の高い手術ですが、メリットと共にさまざまなリスクも確かに存在しています。施術を受けることによってどのようなリスクが考えられるのか、きちんと理解してからエックス(X)トーシスの治療に臨むようにしましょう。

エックス(X)トーシスのリスク

たるみがなかなか改善しないリスク

エックス(X)トーシスのリスクはいくつかあります。まず代表的なものとして、たるみがなかなか改善しないという点が挙げられます。皮膚をうまく引っ張り上げることができず、再手術が必要になってしまい、体に負担がかかってしまうということもあるので、注意が必要です。また、治療の結果によっては持続性が少ない人もいます。そのような場合も、再手術が必要になってしまいます。さらに、肌が引きつったような違和感を感じるということも考えられます。糸を通す施術となるので、糸の長さによっては少し違和感を感じてしまうという人もいるので、注意しておきましょう。
エックス(X)トーシスは比較的新しい施術なので、まだ経験の浅い医師も多くいます。このようなリスクを防ぐためにも、できるだけ未熟な医師を避けて、経験と実績のある名医に施術を依頼するようにしましょう。名医を探しているという時には、お気軽にご連絡ください。こちらで、名医のご紹介をしております。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。