知らないと損をする!?セルリバイブ(W-PRP)の料金相場

セルリバイブ(W-PRP)とは血液を使う再生医療の一つで傷を修復する働きのある血小板と白血球の2つをダブルで注入することからその名がつきました。この治療法ではちりめんじわをはじめ額や眉間、目の周りのシワ、たるみの改善やニキビ跡の軽減などができます。その料金相場は一回あたり目の周りのシワで20万円、ほうれい線などの深いシワで40万円ほどかかりますが、使用する量により価格は変動します。治療の時の痛みは注射の時の痛みで、リスクとしては技術力が低い場合にしこりができてしまう場合があるということが挙げられます。この他にも2年から5年ほどで効果が落ちてくるため、シワの伸びた状態を維持したい場合には定期的に治療を受ける必要があります。セルリバイブ(W-PRP)では自分の血液を用いるため、繰り返し治療や併用治療が可能となっています。満足の行くクリニックを見つけるには売り文句や安さに惑わされずに3件ほどを目安にまわり、十分に話を聞いてくれる、アフターケアがしっかりとしているなど納得の行くところを選ぶようにします。

セルリバイブ(W-PRP)の料金相場

料金相場は一回あたり20万円から40万円ほど

セルリバイブ(W-PRP)治療の流れはどの箇所をどのように改善したいのかという医師とのカウンセリングに始まります。これが終わると採血を行い、遠心分離器にかけてPRPのみを取り出します。最終的にはそれに白血球を加え、ごく細い注射針で直接注入します。この治療法では他の治療法では対応しにくいちりめんじわの改善ができる他、傷を修復する作用があるためニキビ跡の治療にも適しています。セルリバイブ(W-PRP)のダウンタイムは腫れが引くまでの1周間程度となっていますが、メイクは治療後3時間後に可能です。料金相場は一回あたり20万円から40万円ほどですが、効果が持続する期間が2年から5年程となるため維持したい場合には元に戻ったら再び治療をする必要があります。セルリバイブ(W-PRP)には治療後シワが目立たなくなったという意見がある一方で、しこりができてしまった、腫れが引かないなどの意見もあります。このためリスクを正確に把握した上で、納得がいくまでカウンセリングをしてくれることに加え、アフターケアがしっかりとしているクリニックを選ぶことが重要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。