セルリバイブ(W-PRP)のリスクをしっかりと理解してから受けよう

セルリバイブ(W-PRP)は自己再生能力を高めることで美肌を期待するもので、額や目元、口元などとともに首のしわやニキビ跡にも治療効果が期待できます。これまでは血小板だけを用いる方法が行われていましたが、白血球も一緒に入れることで、細胞を若返らせる働きと傷を修復する働きが同時に活性化されるのでより有効的です。

リスクは、本人から採血した血液を分離して使用するため、活動の力強さには個人差があり、場合によっては十分に再生能力を高めることができない場合があります。十分な量が注入できていない場合や、入れる場所が適切でなかった場合にも期待した通りの効果が得られない場合があります。

活性化して増えた細胞はその後も活躍するので持続性は期待できますが、不健康な生活をしていると細胞の劣化も進むため、長期的に効果を継続させたい場合は、セルリバイブ(W-PRP)の有効性がなくなる約1年から2年ごとに再び行わなければならない場合があります。

セルリバイブ(W-PRP)のリスク

セルリバイブ(W-PRP)のリスクは?

セルリバイブ(W-PRP)のリスクは十分な知識が無い医師に行われてしまうと、失敗する可能性が高くなることです。また、本人の血液から採取するためアレルギーの心配が少ないですが、分離後の管理や取り扱いが雑であったり、設備機器の消毒など不十分で衛生管理が不適切なクリニックでは行わないようにしないと感染症のリスクがあります。

ヒアルロン酸などの注入では難しかった目元のしわなどが、セルリバイブ(W-PRP)を行うことで効果が期待できますし、細胞の活性化による改善は、注入剤で不要なデコボコが肌にしばらく残ってしまうような心配も入りません。

技術のある医師が注入を行えば生活に支障が起きるほど腫れたりもせず、2日程度で目立たなくなります。赤血球が入らないため内出血のような跡が出ることもあまりないため、化粧で隠さなくても目立たないので手間がかからない方法でもあります。

セルリバイブ(W-PRP)の名医は当相談所にてご紹介していますので、お気軽にお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。