セルリバイブ(W-PRP)のデメリットは?ブログから集計!

セルリバイブ(W-PRP)のデメリットをブログから集計いたしました

セルリバイブ(W-PRP)は血小板と白血球で若返りを目指すことが可能な、皮膚再生療法です。これまで血小板だけ用いる方法がありましたが、白血球も加わることで皮膚の再生能力に違いがあることが分かり、従来の方法では効果が期待できなかった人も変化があらわれる可能性が高くなっています。

目の周りにできやすいちりめんじわや、目の下にできるくぼみやクマ、たるみの改善をしたい人、ほうれい線などの深いしわを目立たなくしたい場合、ニキビ跡の修復や肌質を改善したい人などに有効性が期待できます。

セルリバイブ(W-PRP)にもデメリットがありますから、若返りたい一心で説明も聞かず施術を受けてしまうことは危険です。本人の血液を採血して使用することから安全性が高いと謳っているクリニックが多いですが、リスクも当然ありますから、きちんと説明してくれてセルリバイブ(W-PRP)に慣れている医師にお願いすべきで、未熟な医師は失敗につながる可能性もあります。

セルリバイブ(W-PRP)のデメリット

目の下に使う場合はデコボコだけでなくしこりも残りやすい

しこり・膨らみ過ぎるという問題が起こる可能性がある。

年齢が高く見られる原因となるシワやたるみを改善する方法として、自分の血液から採取した成分を注入するという、セルリバイブ(W-PRP)が注目されています。

しかし一見安全そうに思えるセルリバイブ(W-PRP)にも、しこり・膨らみ過ぎるという問題が起こる可能性というデメリットがあるので注意が必要です。本来そういった恐れの小ささが売りなのですが、技術の低い医師の手によるとそうなりかねません。

セルリバイブ(W-PRP)は採血した本人の血液を分離することで血小板と白血球を取り出し、濃縮して併用することで自然治癒力や組織の再生能力を向上させることで気になる部分の皮膚の再生が可能になりますが、拒否反応は少なくても注入した部分にデコボコができてしまう可能性があります。

治療後に内出血を起こす可能性も少なく、ダンタイムも短い優れた方法ですが、目の下に使う場合は特にデコボコだけでなくしこりも残りやすいデメリットがあるため、目のしわやクマ・くぼみを治したくて受ける人は技術がある医師に細心の注意をはらってもらうことが重要になります。

デコボコやしこりを完全に取り去ることは難しく、しこりを溶解させることもできないので修正を行っても完全に見た目の回復には至らないことが多いので、デメリットがあることを自覚して施術を受けるべきです。

セルリバイブ(W-PRP)の失敗を避けるために名医をお探しの方は、当相談所にてご紹介しておりますので、気軽にお問い合わせください。

WHY?セルリバイブ(W-PRP)にデメリットとして「吸収される」という声も!

定着しない・吸収されるといった問題が起こり得る。

セルリバイブ(W-PRP)は自分の体から取った成分を注入するものなので、安全性についてはある程度信頼がおけるとは言えますが、そのメリットの裏返しと言えるデメリットが生じ得るという点も、考慮しておく必要があります。
それはせっかく注入したのに、定着しない・吸収されるといった問題が起こり得るという点です。このデメリットをできるだけ軽減するには、やはり医師の技術の高さが肝心だと言えるでしょう。

持続期間が短いという問題が考えられる

安全性というメリットの裏返しのデメリットとしては、持続期間が短いという、セルリバイブ(W-PRP)においては避けることの難しい問題も考えられます。

この持続時間の短さというものは、メスを使った手術と比べると顕著ではありますが、上手く行けば1、2年程度と、ある程度満足できるであろう期間は持続します。その点からも、セルリバイブ(W-PRP)に慣れた、信頼できる医師の手によることが望ましいと言えます。

成功だと思えるようにするには名医を探すのがおすすめ

セルリバイブ(W-PRP)によって若返りを求める場合には、しこり・膨らみ過ぎるといった失敗のリスクを避け、またできるだけ長く持続させるために、名医と言えるような信頼できる医師を探すことが肝心です。

名医を見つけることができれば、成功だと思えるような施術が受けられるはずですが、ここで問題となるのはどうすれば見つけられるかでしょう。当相談所ではおすすめの美容外科の紹介を行っていますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。