セルリバイブ(W-PRP)のアフターケアってどんな内容?

セルリバイブ(W-PRP)セルリバイブ(W-PRP)とは、血液中で細胞を若返らせて活性化する効果を持つ血小板と、細胞を修復する作用を持つ白血球を濃縮して融合させた自己再生能力を最大限に高めることによるしわ・たるみの治療法です。従来の血小板のみを使った治療法と比較しても、組織再生力が大幅に高められており、より高い効果が得られます。セルリバイブ(W-PRP)は治療後に起こりやすい内出血も抑えられ、安静が必要なダウンタイムも従来よりも大幅に短くて済みます。そして自分自身の血液から精製した血小板や白血球を使用するため、アレルギー反応を起こす危険もないので安心して体内に注入することができます。従来の治療法と比べて内出血の可能性が少なく、ダウンタイムの時間が短いなど術後のアフターケアが少なくて済むことは大きな利点としてあげられるほか、より高い細胞レベルからの皮膚再生力あることから、これまでの治療で効果の薄かった人にも安定して効果が現れています。

セルリバイブ(W-PRP)のアフターケア

副作用はほとんどないが赤みや腫れが起こる可能性

セルリバイブ(W-PRP)療法は、目の周りの細かいしわや、目の下のクマやたるみ、深く刻まれたほうれい線のしわや、眉間、額、首のしわ、そしてニキビを潰してしまった後にできるクレーターなどが対象となります。目の周りの細かいしわや目の下のたるみを解消することで明るい表情になり、ほほのほうれい線や顔のしわを除去することで老け顔が改善されて若返ります。また、ニキビ跡のクレーターを修復して目立たなくさせるほか、肌質が改善されて美肌効果も発揮されます。セルリバイブ(W-PRP)の治療の流れとしては、麻酔クリーム添付後、通常の血液検査程度の量の採血を行ってセルリバイブ(W-PRP)を作成します。そして麻酔クリームを塗った治療部位に注射していきます。アフターケアとしては、副作用はほとんどありませんが、赤みや腫れが起こる可能性もありますので治療当日は運動や飲酒、マッサージといった強い刺激は控える必要があります。一週間程で治療効果が現れ始め、自身の皮膚を修復していく効果が長期にわたり継続していきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。