セルリバイブ(W-PRP)のダウンタイムはすぐ終わる?

セルリバイブ(W-PRP)は、皮膚再生療法のひとつで、血小板や白血球、細胞成長因子など、高い細胞レベルから皮膚の再生をうながす施術です。目の周りの細かいちりめんジワをなくしたいという方や、目の下にできてしまったたるみやクマ、くぼみを消したい方、口角や眉間、首、おでこなどのしわを改善したい方、ほうれい線の深いシワを消したい方、ニキビ跡が凹凸になってしまったお肌を改善したい方などにおすすめです。セルリバイブ(W-PRP)の施術は、医師によるカウンセリングを行った後、洗顔をして麻酔クリームを塗り、採血をおこないます。そしてシワやたるみなど、自分が改善したい部位に注入します。施術後は軽い腫れや内出血が1日から2日続く場合がありますが、施術直後からメイクをすることも可能で、ダウンタイムが短いのがセルリバイブ(W-PRP)の魅力のひとつです。麻酔をあらかじめ塗ってから注入していくため、痛みを感じる心配はありません。

セルリバイブ(W-PRP)のダウンタイム

施術は何度でも繰り返し受けることが基本的には可能

セルリバイブ(W-PRP)の効果は、年齢等で多少の個人差が生じますが、仕上がりが自然で傷跡も残らずアンチエイジングにはたらきかけることができます。ダウンタイムが短いのは、赤血球の混入がおこらないため、皮下出血班が生じてしまう可能性が低いことがあげられます。持続効果は、およそ1年間から2年間程度です。注入後、効果があらわれるのはおよそ1ヶ月後で、一回にかかる施術料金相場はおよそ20万円ほどです。自分自身の血液を用いていることや、培養操作が必要ないことから、安全性が高いのがセルリバイブ(W-PRP)の特徴です。一過性のもので、痛みや赤み、腫れや内出血がでる場合がありますが、すぐに改善していきます。施術当日は激しい運動や飲酒は控えることがポイントです。また、マッサージや整体など、外部からお肌に刺激をあたえることは避けましょう。シャワーはあびることができます。施術は何度でも繰り返し受けることが基本的には可能です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。