損をしたくないのならワプトスの料金相場を知っておこう!

ワプトスは、フェイスリフトに使われる糸の名前です。
ワプトスによるリフトアップの料金相場は、20〜50万円が目安です。ただし糸を埋め込む本数、量、部位によって異なるので、繊細はクリニックごとにチェックしておく必要があります。
ポリプロピレン製の細い糸で、長さ600mm、幅1mm以下で、顔のリフトアップに用いられることが多いです。羽のような形をしていることから、ワプトスを用いたフェイスリフトはフェザーリフトと呼ばれています。
このほかにアプトスという糸もあります。どちらが自分の治療に適した糸かどうかは、カウンセリングでよく話し合って決めることが大切です。
皮下に埋め込むと、糸による物理的なリフトアップ効果にプラスして、糸の周辺にコラーゲンが生成されて肌のたるみを解消させる効果が発揮されます。効果が出るのは、3〜4週間してからです。
リスクとしては、肌がつっぱる、皮膚が凸凹になる、変化が感じられない、感染症、などが考えられます。
ワプトスの料金相場

料金相場は20〜50万円が目安

ワプトスによるフェザーリフトの料金相場は、20〜50万円が目安なので、この価格から大きくかけ離れているクリニックは疑ってかかるようにしましょう。
美容整形は自由診療なので、クリニックごとに価格設定ができるようになっています。それに加えて執刀医を指名するなどオプションをつけると、さらに値段が高くなります。有名な医師ほど価格が高くなるのが一般的です。
ワプトスで手術してもらう時には、それが適正価格なのかをよく考えておく必要があります。あまりにも高すぎたり、逆に安すぎたりする場合には、何か裏事情がある可能性が高いです。
安い場合には経験の浅い医師の実験台にされてしまう恐れもあります。
このような事態にならないように、手術を受ける前には必ずクリニックの情報を調べておきましょう。フェザーリフトについて調べるだけではなく、クリニックのレベルも調べるには美容整形の相談機関に頼るのがオススメです。疑問点を少なくしてカウンセリングに臨むことができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。