ワプトスのダウンタイムにしてはいけないこと

ワプトスは、頬のたるみやしわをメスなしで改善できるアプトスをさらに改善し、効果をアップしたフェイスリフトで、糸を皮下組織内に挿入し、折り返し使用して引き上げるため、アプトスよりもより強力なリフトアップ効果を得ることができます。
使用するワプトス糸は、両端から中央に抜かってギザギザの突起が施された特殊な糸で、心臓血管外科手術などにも使用されているため、安全性は問題ありません。
また長さが60センチと長く、長い糸を使用することで、施術が可能な範囲を、頬から下顎にかけてのフェイスラインをすっきりさせることができるようになりました。
そのほかにも、従来のフェイスリフトでは難しかった目の下のくぼみにも使用でき、効果を発揮するのも特徴となっています。
挿入した糸の周辺は、コラーゲンの生成が促進されるため、持続期間も長く、人気のリフトアップ方法となっています。
ダウンタイム期間中には、痛みや腫れ、内出血が起こることもありますが、1週間程度で治まります。

ワプトスのダウンタイム

頬のリフトや目の下のくぼみにも効果を発揮

ほうれい線や顔の輪郭をシャープにしたい人、目尻のたるみを引き上げたい、ダウンタイムを軽減したいという人には、ワプトスのフェイスリスト法はおすすめです。
ワプトスは、頭皮内に長い糸を通して、顔の周辺部を後方に引っ張り上げることで、輪郭をシャープにすることができます。
従来のフェイスリフトのようにメスを使わないため、傷跡も目立たなく、たるみやしわを解消できるため、人気の施術となっています。
特に、従来のフェイスリフトでは難しかった頬のリフトや目の下のくぼみにも効果を発揮します。
毛髪の生え際に専用のニードルを用いて糸が通るトンネルを造り、デザインいた方向へ糸を引き上げることで、糸の特殊はギザギザが皮膚組織に絡みつき、引き上げられながら固定されます。
ダウンタイム期間中は、痛みや内出血、腫れがある人もいますが、冷えたタオルで冷やすことで痛みは多少治まりますし、処方された鎮痛剤を飲むことで痛みは和らぎます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。