アンカレッジのデメリット4つが怖すぎる

アンカレッジのデメリット

アンカレッジは、皮膚だけでなく筋膜から強力にリフトアップを行うので効果は半永久的とも言われています。

部分的ではなく広範囲の効果が見込めることと長期間持続することもありリフトアップ術としてはコストパフォーマンスも良いといえます。

では、アンカレッジにおけるデメリットとはどんなことが考えられるのでしょうか。

メリットが存在するということは必ずデメリットも存在するということを忘れないようにしましょう。

また、技術力や判断力に長けている経験豊富な医師に施術を執刀してもらわないと場合によって失敗することも十分ありえますので、クリニックを決める際にはサイトの口コミでの評判などを参考に決めるのもおすすめです。

施術を受けたことを後悔しないためにも、ただ費用が他のクリニックよりも安いからという理由で選ぶのだけは避けた方が良いと言えるでしょう。

ダウンタイムや料金相場などについても事前に知っておくと施術を検討するときに役立ちますのでこの機会に把握しておくようにしましょう。

アンカレッジのデメリット

たるみの症例によって効果が期待できなくなる

アンカレッジは、アンカースレッドリフトとも呼ばれ糸を使って行うリフトアップ術です。

しかし、従来の効果が長続きしない糸を使用するフェイスリフトに比べると長期間の効果が期待できるとされています。

ダウンタイムは1週間ほどで、アンカレッジにかかる料金相場は10万前後とされていますが、クリニックによって料金設定が異なってきますので、施術を受けるクリニックが決まったら事前に確認しておくのが良いでしょう。

また、麻酔の種類によっては別料金になるとさらに費用がかかる場合もあります。

デメリットとして考えられることは、筋膜から固定することで半永久的なリフトアップが期待できると謳っているものの、場合によって効果が期待できなくなることがあるようです。

特に、もともと皮膚が薄い人の場合は糸を使用して行うフェイスリフトは糸が表に出てきてしまうこともありますので注意が必要です。

効果があまりでない場合にはほかの方法においてリフトアップをするのが良いでしょう。

クリニックを決める際には、フェイスリフトに長けているクリニックで施術を受けるのが望ましいといえます。

デメリットに気をつけて。アンカレッジで効果が持続しないワケ

効果が持続しないという問題が起こり得る。

アンチエイジングのための整形手術として、糸を使ったアンカレッジというフェイスリフトが注目を受けています。ただこの方法には、場合によってはデメリットが生じ得るということも、手術を受ける前に知っておくことが肝心です。

まず挙げられるのは、効果が持続しないという問題です。安全性を考慮して体に溶ける糸が使用されているので、手術を受けてそう長い日数が経たないうちに、糸が溶けて効果もなくなることがあるのです。

ひきつれ・笑顔が不自然といった問題が起こり得る

アンカレッジには高い技術が要求されるので、それを行う医師の技術が低い場合には、期待した通りの効果が出ないばかりか、ひきつれ・笑顔が不自然といった問題が起こり得ます。

アンカレッジで使用する糸は体内で溶けるものとはいえ、リフトアップできるだけの強度は当然持っています。なのでそれを用いてリフトアップを行う際には、全体のバランスを考えて、上手く調節しながら皮膚の下に糸を通していく必要があるのです。

糸が透けて見えるといった問題が起こり得る

アンカレッジの使用する糸にはある程度の強度が必要なため、太さもそれなりにあります。そのために生じ得る問題が、糸が透けて見えるというものです。

人間の顔の皮膚の厚さは人それぞれで、中にはかなり薄い人もいます。そういった人の顔の皮膚の下に、ある程度の太さのある糸を通すのであれば、皮膚の厚さの点にまで注意を怠ってはなりません。未熟な医師の中には、残念ながらそれができない人もいるのです。

しっかりとした技術を持った医師を選ぶのがおすすめ

このようにアンカレッジには、効果が持続しないという特有の問題の他に、医師の技術の未熟さが原因となる、ひきつれ・笑顔が不自然といった問題や、糸が透けて見えるといった問題が起こり得ます。そうならないためには、しっかりとした技術を持った、名医と呼べるような医師を選ぶのがおすすめです。

そういった医師を選ぶ方法が分からないという人には、当相談所で名医としておすすめできる医師を紹介をしていますので、お気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。