決断する前に知っておきたいワプトスのデメリット

顔にたるみや目立つ形で法令線が出来てしまうと、老け顔に見えてしまうものです。なので美容を気遣う女性の多くは、肌の状態を維持するために、時間を掛けスキンケアを行っています。ですが熱心に肌のお手入れを続けていても、肌の老化を先延ばしに出来ても、回避する事までは難しいです。お陰で、張りを失った皮膚が徐々に垂れ下がり、たるみとなって顔に皺や深い法令線を刻み込んでしまいます。肌のたるみは自力で解消するのは厳しいので、顔の若返りを実現したいなら、思い切った方法を実行する必要があるのです。それは美容クリニックで美容整形手術を受ける事であり、ワプトスという施術を受ける事により、目立つたるみや法令線もしっかりと解消する事が可能です。ただしワプトスは整形手術である以上、手術に失敗するというデメリットも存在します。しかも手術に失敗すると、若返り効果が得られないだけでなく、様々なデメリットが生じる危険性があるので、注意すべきです。

ワプトスのデメリット

目立つ形のデメリットが残る恐れ

そもそもワプトスとは、ワプトス糸と呼ばれる特殊な糸を皮下組織に挿入した上で、折り返し等を利用して高いリフトアップ効果が得られるという整形手術となっています。通常のフェイスリフトの手術の様に、メスで大きく切開する必要もなく、小さな傷跡でたるみや法令線を解消する効果が得られる点が、非常に魅力的です。ただしあくまでそれは、正しい形で手術が行われた場合の話であり、技術力のない医師に任せると、当然ですが手術失敗のリスクが高まり、リフトアップ効果が得られなかったりします。しかもそれだけじゃなく、左右で顔付きが明らかに変わってしまったり、顔に突っ張った感じが残って表情が乏しくなる等、目立つ形のデメリットが残る恐れもあるのです。だからこそそういった失敗を避けるために、手術を受ける美容クリニック選びは慎重に行う必要があります。そんな中、失敗のデメリットを避けるためのクリニック選びの基本としては、なるべく過去にワプトスの手術を数多く行ったクリニックを選ぶ事です。理由としては、そういったクリニックなら、この手術の名医がいる可能性が高く、デメリットを避ける事が出来るからです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。