Vトーシスのダウンタイムが知りたい!

これまでのリフトアップで使用されていた糸は、医療用の溶けない糸が一般的でしたが、溶けない糸は異物として残り、痛みや腫れ、内出血の原因となることがありました。
近年では、溶ける糸を使用するリフトアップが人気となり、抜糸の必要がなく、局所麻酔による治療で、翌日からメイクも行えるため、気軽に行えるというのもメリットとなっています。
Vトーシスは、棘のような切り込みがついた糸を頬に数本入れ引き上げることで、たるみやしわを改善することができます。
メスを使って切開しないため、ダウンタイムも短くフェイスラインのたるみに効果を発揮します。
Vトーシスで使用する糸は、医療用のもので、3~5センチのV字型をしています。針を刺すことでニードル効果と挿入された糸によるコラーゲン増成刺激によって、ハリのある肌を手に入れることが可能となります。
ほとんど腫れがないため、長期間の休みがとれない人や、家族に内緒でこっそりと施術を受けたいという人におおすすめです。

Vトーシスのダウンタイム

ダウンタイムは1週間ほど

Vトーシスは、溶ける糸を皮下組織に挿入し、後方へと引っ張り上げることで、頬のたるみやしわなどを解消するリフトアップの施術です。棘のついた糸を引っ張り上げることで、リフトアップ効果があり、また挿入した糸周辺にはコラーゲンやヒアルロン酸などが生成されるため、肌の内側からハリや弾力性を生むことができるため、持続期間が長いのが特徴です。
Vトーシスによるリフトアップは、ほかのリフトアップ施術と比べると、メスを使用しない為ダウンタイムも短く、内出血や痛み、腫れが少ないのが特徴となっています。
そのため、施術の翌日にはメイクをすることもできるため、週末を利用すれば誰にもばれずに施術を受けることができます。
また施術時間も約20分と短時間で終わりますし、挿入する糸の本数や方向など患者にあわせて行うためオーダーメイドの治療を受けることができるのも人気の理由となっています。
メスを使う手術に抵抗があるという人には、おすすめのリフトアップ法といえます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。