Vトーシスを受けるデメリットって?

Vトーシスはこれまでの溶けない糸による施術で起こる可能性がある、異物が顔に残ることで起きる痛みなどが発生しにくいように溶ける糸による施術であり、韓国で広く取り扱いが行われていて、日本国内でも実施している美容クリニックが増えています。

デメリットといえるのは溶けない糸とは違い、吸収されてしまった後は効果が弱まり戻ってしまう可能性があるため、再度施術を受ける必要性が出る人もいることです。また、慣れない医師が行うことで十分に変化が実感できない仕上がりになることがあります。

こめかみ辺りからフェイスラインに逆V字型に入れる糸の本数は、たるみの状態によっても違ってきます。糸を通すだけでなく針を刺すことによる刺激も肌に有効性があり、コラーゲンの増産が見込めるため、Vトーシスを行うことでたるみ解消のほかに美肌も期待することができます。施術時間は20分程度ですから、普段忙しい人でも手軽に行えるリフトアップ方法といえます。

Vトーシスのデメリット

本数を多くいれても効果が実感できない場合

Vトーシスはしっかりと固定されないとたるみの解消ができず、本数を多くいれても効果が実感できない場合があります。皮膚の硬い部分での固定が行われないと逆に引っ張られてしまう可能性もあるため、施術方法を熟知している医師に担当してもらうことが重要です。通常6か月程度効果が持続しますが、下手な医師が行うことで6か月も持たない可能性も出てきます。

入れた糸を溶解することは難しいので、失敗しても糸が吸収されてなくなるまでの間、我慢しなければならないデメリットがあります。場所によってはさらに糸を入れることで修正できる場合もありますが、より技術が高い医師に行ってもらわないと余計な影やしわができたり、糸を入れたことが分かってしまう場合があります。

自然で綺麗にリフトアップするためにも、Vトーシスの名医に施術を受けることが重要です。デメリットを避けるため、名医に施術を受けたい方は当相談所にて名医のご紹介を行っていますので、お問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。