溶ける金の糸(レインボーリフト)のダウンタイムに気をつけたいこと

たるみやシワの改善に役立つリフトアップ治療には様々な種類がありますが、肌を切ることに抵抗がある人に高い人気となっているのが糸を使った治療です。肌の内部に特殊な糸を埋め込むことでリフトアップができ、コラーゲンの生成も促進されますが、皮膚の中にいつまでも糸が残るのは心配という人もあるのではないでしょうか。そういった場合は溶ける金の糸(レインボーリフト)を選んでみてはいかがでしょうか。溶ける金の糸(レインボーリフト)はその名前の通り、溶けるタイプの糸が利用されていますので少しずつ分解され、体内には残りません。切開を行わなくて良いので、体への負担はかなり抑えられていますが、やはり美容整形はどんなものでも多少のダウンタイムはあります。それゆえに施術後の痛みや内出血、腫れはどの程度続くのか、治療前にはよく確認しておきましょう。トラブルを避けるためにも、治療後は洗顔やメイクがいつから再開できるのかもしっかり確認しておきましょう。

溶ける金の糸(レインボーリフト)のダウンタイム

ダウンタイムの過ごし方で回復にも差

溶ける金の糸(レインボーリフト)のダウンタイムはまず痛みや腫れについては個人差はあるものの2、3日もすればかなり落ち着いていきます。
このときに感染、内出血などが起こった場合はより回復に時間がかかることとなります。
溶ける金の糸(レインボーリフト)は細かな血管に傷がついてしまうと内出血が起きることもありますが、この場合は1週間程度で回復していきます。
そして一時的にむくみが起こることがありますが、これも少しずつ改善されていきます。
ダウンタイムの過ごし方で回復にも差が出てきますので、医師の指導は守り、アフターケアはきちんと行っておきましょう。
体に負担の少ない治療ですが、運動や入浴など血行を促進するような行為は腫れ、痛みが長引いてしまうこともあります。
さらに、飲酒や喫煙も回復を悪くすることにつながりますので、そうした行為も避け安静に過ごしておきましょう。
技術力の未熟な医師が担当した場合もダウンタイムを長くすることにつながりますので、医療機関選びも慎重に行いましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。