Vトーシスのメリットって何がある?

Vトーシスは、皮下組織に糸を埋め込んで、たるみを引き上げるフェイスリフトです。
糸の折れ曲がり点を側頭筋腱膜にしっかりと固定することで、頬から口元までのたるみに効果を発揮します。
Vトーシスは、アプトスとワプトスをアレンジした治療法で、こめかみ部分で糸を固定するため、従来では引き上げにくかった部分のリフトが可能です。
溶ける糸を皮下組織に挿入して引っ張り上げる施術ですから、メスを使わず切らないたるみ治療として、近年注目を集めています。
ダウンタイムも少なく、手軽に行えるリストアップ法で、コラーゲンの増成によって、リフトアップ効果だけではなく、美肌も手に入れることができるのがメリットといえます。
主にほうれい線や口元にできるマリオネットラインの解消に用いられることが多く、針で糸を皮膚の中に挿入して引き上げるため、大幅に顔の印象を若々しくすることが可能です。
ダウンタイムが短く、気軽に行えるリフトアップ施術です。

Vトーシスのメリット

施術後翌日から洗顔やメイクが可能

リフトアップ効果を持つ美容整形はいろいろありますが、その中の一つにVトーシスがあります。
Vトーシスは、下顔面やフェイスラインのたるみに効果があり、ダウンタイムも少ないため、翌日から洗顔やメイクが可能です。
また皮膚を切開しないため、抜糸の必要もなく、針跡も数日で消えるので安心です。
施術後、数ヶ月かけて糸の周囲に線維化がおこるため、肌の内側からハリのある肌へ改善していくことができるのが特徴です。
一般的な外科手術にも使用される安全な医療用糸を加工したものを皮下組織に埋め込むことで、糸の周囲にコラーゲンが生成され、糸が収縮することで皮下組織を引き上げて、たるみやしわを改善していきます。
個人差がありますが、3週間ほどで効果が現れ、約5年ほど持続するというのがメリットといえます。
手術による傷も目立たなく、ダウンタイムも短いため、長く仕事を休むことができない人や、切開手術に抵抗がある人にはおすすめの施術といえます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。