Vトーシスのアフターケアの重要性、知ってますか?

Vトーシスは、顔のリフトアップの効果が期待できる美容整形の治療法の一つになっています。リフトアップをすることができる美容整形の手法は、数多く開発されていますが、この手法では、メスを使わないで手術をしてもらうことが可能になっているため、ダウンタイムが比較的短いことが特徴的になっています。ダウンタイムが短いため、体への負荷が比較的少なく、アフターケアをする必要が少なくなっています。Vトーシスの治療は、顔の皮下組織に糸を埋め込むことによって、たるみを引き上げる治療法になっていて、糸による体への悪影響がほとんどないため、安心できます。耳の後ろなどの目立ちにくい場所から糸を挿入していくため、治療による傷跡が他の人に見られることがほとんどなく、周りの人にばれないように治療をすることが可能になっています。大幅の顔の変化がなく、自然な仕上がりになることが期待できる手術であるため、治療が受けやすくなっています。

Vトーシスのアフターケア

腫れや痛みが辛いと感じたら冷やすなどのアフターケア

Vトーシスは、メスを利用して皮膚を切ることなどによって行うリフトアップの手術と比較して、体へのダメージがみられることがないため、治療後のケアをしやすくなっています。Vトーシスのダウンタイムは、1週間ほどであるとされています。ダウンタイム期間中に腫れや痛みが生じる場合がありますが、軽度のものになっています。腫れや痛みが辛いと感じた場合には、少し冷やすなどのアフターケアをすることで、腫れや痛みを和らげることができます。しかし、あまり冷やし過ぎてしまうと、施術した部位の治りが遅くなってしまうため、あまり冷やしすぎないように注意する必要があります。腫れなどによる痛みが強すぎる場合には、痛みなどを服用してケアすることも可能であり、他のリフトアップの施術に比べてケアしやすくなっています。しばらく時間がたつと、糸がある部分の皮膚が、皮膚を保護しようとする効果によって、コラーゲンなどの美肌効果を高めるものが多量に生成されるため、アンチエイジングに効果的です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。