Vトーシスの修正、満足のいく結果にするためには?

加齢による肌のたるみは、顔が老けて見えます。
肌のたるみを改善するリフトアップ治療は、美容クリニックの人気メニューのひとつです。
リフトアップ治療では、手術による治療と特殊な糸を使った治療が有名です。
特殊な糸を使ったリフトアップ治療は、手術による治療よりも料金が安いため、非常に人気が高いです。
糸のフェイスリフトでは、フェザーリフトとスレッドリフトが知られています。
フェザーリフトとスレッドリフトは、ダウンタイムが少ないので、忙しい女性でも気軽に受けることができます。
フェザーリフトもスレッドリフトも、たるんだ部分を糸で引っ張ることで、たるみを改善します。
糸を皮下組織に埋め込むと、コラーゲンが生成されます。
そして、糸が収縮することで肌を引き上げます。
糸の入れ方によって、呼び方や修正方法が違い、アプトス、ワプトス、Xトーシス、 Vトーシスなどがあります。
Vトーシスは、最近知られるようになってきた方法です。

Vトーシスの修正

Vトーシスによる修正も人気

アプトスは、ポリプロピレンという素材からできていて、たるんだ組織や脂肪を、糸で引き上げます。
アプトスの糸は、心臓血管外科でも使用されている材質で、30年以上もの歴史があり、安全性が高いです。
ワプトスは、アプトスをアレンジして開発されたものです。
ダブルトーシスとも呼ばれています。
皮膚を切除したり縫合したりしないので、抜糸も不要で、通院の必要もなく、洗顔は施術の翌日から可能です。
個人差があるものの、一般的には約3週間ほどで効果が出てきます。
そして、効果の持続期間は、約5年間です。
Xトーシスは、引き上げたい方向の糸と交差させて、反対の向きにも糸をかけてX字にするため、その名が付いています。
アプトスに比べると、リフティング力、張力ともに向上します。
吸収される過程でマクロファージを活性化し、コラーゲンの生成も活発になるため、リフティング効果が上がると考えられています。
Vトーシスは、Xトーシスで引き上げた組織を、筋膜に固定し、V字型に通す方法です。
Vトーシスによる修正も人気があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。