Vトーシスが失敗してしまったらどうなる?

Vトーシスは口元の皮膚が大きく垂れ下がりマリオネットラインができてしまったり、フェイスラインに至るまで大きく変化させてしまっているときにリフトアップに用いると効果が期待でき、口元のたるみを引き上げる簡易的な方法です。切開して引っ張り上げる行為とは違い、針で糸を皮膚下に入れていくだけですから負担の軽減になっていますが、Vトーシスはさらにこれまでの糸と違い、糸の引っかかる点が側頭筋腱膜によりしっかりと固定されるようになったため、本数を減らしても逆V字に入れるだけでこれまでの糸と変わらないくらいの効果を目指すことができます。

失敗すると口元に大きな変化が見られず、たるみが残った状態になることがあります。皮膚が下がったことが原因で発生したたるみではなかった場合や、顔の構造の知識が不十分で必要な部分を糸で引っ張り上げていない場合などに起きます。医師によっては、左右非対称なフェイスラインに仕上げてしまうこともあるので、腕のある医師による施術が大切です。

Vトーシスの失敗

失敗した時には溶けてなくなることを待つしかない

Vトーシスを使えば糸の量も半減できるため費用の削減につながりますし、切開するより針で刺し糸を通すだけの傷あとの方が治りも早く、ダウンタイムを短くすることも可能なため選択する人が増えていますが、失敗して糸を入れたことが分かる状態だったり、結び目が出てきてしまう、口元を引っ張り上げすぎて口を動かすたびに違和感がある状態などになってしまうと大変です。

古いタイプの糸しか利用したことが無い場合、Vトーシスの使い方がしっかりとできていないこともあり、固定が不十分になることもあります。Vトーシスは溶けるため異物として残らない魅力はありますが、失敗した時には溶けてなくなることを待つしかない場合が多く、未熟な医師による施術は失敗した時にリスクが高くなるため、ノウハウがある腕のある医師に行ってもらうことが不可欠です。

リスクを少しでも避けて口元のリフトアップを行いたい場合には、当相談所にて名医のご紹介を行っていますので、遠慮せずにお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。