ウルトラVリフトの修正での注意点とは

たるみ解消の美容整形を受けたくても、皮膚を切る手術に恐怖を感じる人はたくさんいます。そのような人のために開発されたのが、切らずにたるみを解消できる、数多くのフェイスリフト技術です。
韓国の医師によって開発された、ウルトラVリフトも切らずに済む美容整形です。特殊な針と糸を皮膚表面から入れ、針だけを取り除くことで頬やフェイスラインなどのたるみを解消できます。
ウルトラVリフトの修正についてですが、この施術に使われる糸は体に吸収されるものですので、放置しておいても修正可能です。おおよそ1年くらいで元に戻りますので、待っているだけで費用をかけることなく実現できます。
糸が体内に残り続けてしまうことはありませんから、必要以上に心配しないようにしましょう。但し、いい加減な美容クリニックに頼ると、糸の質が悪いばかりに、ひどい状態になるというリスクがあります。このような場合には、修正依頼ができる別の美容クリニックを頼るとよいでしょう。

ウルトラVリフトの修正

別のフェイスリフトで修正依頼することを検討

効果が得られなかったために、修正依頼をする人が多いですが、ウルトラVリフトの場合は必ず元に戻ってしまうことを理解してから、施術を受けることが失敗を防ぐポイントになります。7ヶ月くらいで糸が体に吸収され、1年後には効果がなくなることがほとんどです。
この性質を理解して、再びウルトラVリフトを受けるべきか、考えるようにしてください。効果の持続力を求めるのであれば、切るタイプの別のフェイスリフトで修正依頼することを検討しましょう。
安全性が高く、お手軽なプチ整形といったウルトラVリフトは、たるみの改善効果はそれほど高くないという特徴を持っています。ですが、この特徴を利用することで、不自然さのない美容整形を利用できるというメリットがあります。
メスを使うフェイスリフトの場合だと、元に戻すには大掛かりな修正施術をしなければならなくなりますので、よく検討しましょう。
施術時間は30分程度です。腫れが少なく当日から洗顔が可能です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。