ウルトラVリフトのリスクについて

ウルトラVリフトは頬のたるみが気になったり、ハリが失われて来た人、小じわが気になる人に適している施術方法で、切らずにリフトアップが期待できるようになる方法の一つです。

施術には専用の針が用いられ、細い針の中に通した吸収性のある極細の糸を通し、気になる部分の皮下に挿入を行い、糸だけ残すようにします。緩んだ皮膚や皮下脂肪を下から持ち上げて固定を行う物理的な作用とともに、顔面の経穴が刺激され、自然と血行や代謝を良くします。代謝が良くなることはとても重要で、顔に残された糸や針の刺激を受けたことで起きる創傷治癒効果がきちんと起きやすくなりますし、刺激を受けた組織がコラーゲン生成を活発化させるときにも影響して増産が期待できます。

ウルトラVリフトは施術後すぐに効果を感じる人もいますが、未熟な医師が行ってしまうと腫れなどがひいて完成したといえる3か月頃になっても全く変化を感じられないまま終わり、フェイスラインが綺麗に引き上がらないリスクもあるので、未熟な医師にあたらないようにしなければなりません。

ウルトラVリフトのリスク

針を挿入することにより内出血が起きやすい

ウルトラVリフトはもともと韓国での術式であり、日本で実施している医師の多くは韓国に出向いて研修を受けるなどして技術を身につけています。未熟な医師は研修に参加していても、その後実績を積んでいなかったり中には独自に真似て行っているだけの場合もあるため、名医に実施してもらうことが大切です。

ウルトラVリフトのリスクといえるのは、針を挿入することにより内出血が起きやすいことです。術後は青あざのように目立つ人もいるので、腫れがひいてきたら化粧で隠すなどする必要があります。下手な医師が行うとなかなか腫れがひかずに感染症を起こしたり、神経などを傷つけている場合もあるため、早めに受診して対処してもらうべきです。失敗した場合でも糸を溶解することができない場合もあり、完全に吸収されるまで待つ必要が出てきます。

リスクを避けてフェイスラインもすっきりさせるウルトラVリフトの名医を、当相談所にてご紹介していますから気軽にお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。