ウルトラVリフトのアフターケア、何が正解?

ウルトラVリフトとは新しいフェイスリフトの一種で、体内に吸収される医療用の細い糸を皮膚のしたに埋め込む、というリフトアップ手術の方法です。
埋め込んだ医療用の糸で皮膚や筋肉組織を引っ張りあげて、皮膚のたるみを解消することが可能です。また、糸の刺激でコラーゲンの生成が促進されて肌が若々しくなるので、肌の若返りを期待できるということで人気が出てきているといいます。
手術のあとにも腫れたり内出血をすることがあまりないので、そのまま出かけたり、買い物をすることもできるということで、ショッピングリフトとも呼ばれています。
ウルトラVリフトの魅力は、当日にすぐに出かけることができる、ということです。
フェイスリフトの方法は色々とあります。その手術を受けたいと考えている人は、自分にあった手術を受けることができるように、事前にしっかりと確認をして、アフターケアなどの方法もアドバイスしてもらえるところを探しておくといいです。

ウルトラVリフトのアフターケア

アフターケアを行うことが大切

ウルトラVリフトのメリットは、医療の現場でも利用されることの多い材質の体内に吸収される糸を使用するということで、異物が肌や体内に残ってしまうようなことはほとんどないといえます。
また、手術は切開をする必要がないので傷跡が残ってしまうようなこともないです。細い糸を使って皮膚に挿入するのでごく小さな肌に目立つような傷がないのです。なので、ほかのフェイスリフトの手術よりもウルトラVリフトはダウンタイムが少なくてすむ、というのが人気です。
ごくまれにですが、内出血が出てしまうこともあります。ですが、5日から1週間ほどで引くので大丈夫です。また、軽めのお化粧なら術後すぐに行うこともできますが、しっかりとしたお化粧をしたいときは2時間は時間をおいてから行うようにします。
アフターケアとして1年に一度はきちんと医師に診察をしてもらうようにしておくといいです。この手術の効果は大体2年ほどだと考えて、早めにもう一度手術を受けるなどのアフターケアを行うことが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。