手のしわの美容整形のダウンタイムはどう過ごせばいいですか?

手のしわの美容整形で、しわの溝への注入治療をしてから、ダウンタイムはどう過ごせばいいかですが、素材にもよりますが、マッサージをするといいでしょう。痛みは注入の時だけで、腫れや内出血もほぼ不安はないです。何を入れるかにもよりますが、ヒアルロン酸なんかだったら、均一に平らになるように、ハンドクリームをつけた時に、軽くマッサージをしてみるといいでしょう。人間の手のパーツには、さまざまな健康にかかわるツボが集中をしています。ですから、マッサージをすると気持ちがいいですし、リラックスもしますので、一石二鳥といったところでしょう。ただ、あまりにも強く押すのは、痛いだけですのでやめましょう。手のしわの美容整形のダウンタイムは、こまめにハンドクリームをつけて、手の肌をいたわることが大事です。ハンドクリームは、1回にたくさんつけてしまうと、手の肌がベタベタとしてしまいます。本の少しの量を手に取って、手の甲や指先まで、丁寧に伸ばす方が、ハンドケアとしても続けやすくなります。

手のしわの美容整形のダウンタイムはどう過ごせばいいですか?

ダウンタイムのケアについて

手のしわの美容整形でレーザー医療をする場合、照射排他味が若干ありますが、クリーム麻酔を使うことができるため、我慢ができないことはありません。手のしわの美容整形でレーザー治療の場合は、痛みの強い針を刺す治療ではありませんので、内出血が起きてしまうこともありません。レーザーは熱がありますので、その影響で腫れを感じてとしても、すぐに消えていきます。ダウンタイムでは、肌のほてりは気になるので、自宅では手の肌を冷やしてあげるといいでしょう。クールダウンは流水に手を入れるのではなく、保冷剤等を冷やしておいて、タオルなどでワンクッション置いて、肌につけて冷やすといいでしょう。熱はしばらく肌内部にこもりますので、水分場鉢は激しい事を知っておきましょう。ダウンタイムでは手の肌には、化粧水をつけてあげることで、水分を補給することができます。朝晩のケアだけではなく、日中でもての肌に乾燥を感じたら、化粧水やジェルなどで、水分補給をマメにすることです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。