気になるフォトRFのダウンタイム

強い痛みを感じることもなく、腫れあがったり、内出血を伴うこともないのがフォトRFです。気になるフォトRFのダウンタイムですが、ほかの照射系の治療と比べてみてもほとんどありません。フォトRFは光エネルギーをお肌へと照射をしていく治療方法であり、表皮への過度な負担を与えることがありません。それでいて、皮膚トラブルのさまざまな悩みを解消してくことができます。エネルギーを加えて沈着する赤みやメラニン破壊を行いますので、その壊された色素が皮膚サイクルとともに排出をされることとなります、そのため数日程の時間経過のあとで、お肌の表面にかさぶたのようになって出てくることがりますが、自然に剥がれていきますので心配はありません。光エネルギーは皮膚細胞を活性化しますので、いつもよりも肌サイクルは順調になります。そのため角質層の下の部分にあったメラニンは、どんどん浮き上がってきて外へと出ていきますので、一定のあいだをあけながら、光治療を繰り返していくことで、透明感のある美しい白い素肌を手に入れることになります。
気になるフォトRFのダウンタイム

ダウンタイムも長期的なもの

フォトRFの美肌治療は、照射の際に軽い痛みを感じることがありますが、それはほんの些細なものです。施術で内出血に悩むこともないですし、赤く腫れて惹かないといった不安もありません。フォトRFの治療で良い点としては、ダウンタイムがほとんどないということです。美肌のための照射で行う治療方法は、レーザーなどであれば赤みや痛みも強くはなりますが、そういった心配もないですし、数週間のひどいダウンタイムというものもありません。とても気楽に受けられる美容医療機器での治療方法ですので、まるでエステサロンでのケア感覚で受けられるほどです。毎回の治療では、専用の光を照射していきますが、そのパワーは肌表面にダメージを与えることは一切なく、それでいてシミやソバカス、小じわやニキビなど、あらゆる肌悩みをリセットして解消へと導いてくれる美容治療方法です。皮膚への照射をすることによって、ある程度の熱が加わりますので、ダウンタイムは少ないですが保湿は心がけましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。