知ってた?フォトRFのデメリット

ダウンタイムなども、ほとんどないフォトRFのデメリットとして、お肌に感じるほてりがあります。美容クリニックで行う照射を伴う美肌治療は、いずれも肌に光などを当てていきますので、その影響で皮膚はほのかに赤みを帯びたり、ほてりを持つことがります。同様にフォトRFの治療も照射をする方法となりますので、照射を受けることで施術後には、肌にほのかなほてりを感じることがあります。その状態を、肌のトラブルが起こったと焦るかもしれませんが、それは照射をするタイプの医療機器を使用する治療であれば、どの機器での施術であっても、一般的には起こることです。はじめて照射の治療を受けた人であれば、ほてりは不安を感じる要素にもなるかもしれませんが、それは施術を受けてからしばらくの間のことになります。熱を加えるので、少しだけほてりが出ることにはなりますが、やがて熱を持った肌状態はクールダウンしますので、自然にいつの間にかほてりは治まっていきます。

知ってた?フォトRFのデメリット

デメリットとして皮膚に赤みが出る

フォトRFのデメリットとして、個人差がありますが、皮膚に赤みが出ることがあります。これは健康な肌状態の人だったら、そんなに気になるものではないでしょう。フォトRFの照射によって赤みが出やすいというのは、皮膚が敏感な肌質である人や、もとから肌が弱いタイプのケースになります。これはほかの照射を行う美容医療機器での治療でも同様ですが、肌が弱いタイプであると、エネルギーの負担を受けたすくなります。パワーが少し強めのエネルギーにもなってくると、敏感肌の人であれば、通常の丈夫な肌質の人よりも、火照った感じが強く出て、皮膚には赤みが出やすくもあります。エネルギーの強さと熱を加えることが原因ではありますが、あくまでもこれは一時的な症状になります。フォトRFの美肌治療を受けてから皮膚に赤みが出るようであれば、冷蔵庫で冷やしておいた保冷剤を、清潔なタオルに包んで赤みのある肌に当てて、しばらく冷やすといいでしょう

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。