スプリングスレッドリフトの修正で大事なのは何?

頬のたるみなどを改善するために、美容クリニックなどで顔のリフトアップを行う女性は多いです。
リフトアップには、様々な方法があります。
糸によって皮膚を引き上げるフェイスリフトや、手術によるフェイスリフト、レーザー治療、ヒアルロン酸などを注入する注射系治療などが有名です。
糸によって皮膚を引き上げるフェイスリフトは、手術によるフェイスリフトに比べると料金が安いので人気があります。
糸によるリフトアップは、ダウンタイムの少ない治療が好まれる傾向が出てきてから、急速に普及するようになりました。
大きく分けると、糸でたるんだ部分を引き上げる方法と、糸を埋め込むことで組織を引き締める方法です。
フェザーリフトやスプリングスレッドリフトなどのスレッドリフトは、糸で皮膚を引き上げる治療になります。
スプリングスレッドリフトなどのスレッドリフトでは、たるんだ部分を糸で物理的に引っ張ることで肌のたるみを改善、修正していきます。
修正の結果は、クリニックの医師の技術力も大きく影響します。
そのため、医師の評判が良いクリニックで施術を受けることが大事です。

スプリングスレッドリフトの修正

強く引っ張った状態が続くと早く劣化することもある

最近、女性の間で人気が高いのがスレッドリフトです。
スプリングスレッドリフトのように、伸縮性がある糸を使うフェイスリフトは、効果が持続するので評価が高いのです。
また、これまで効果が出せないことが多かった顔の中央などにも効果が期待できるため、仕上がりの面でも優れています。
スプリングスレッドリフトは、スプリングスレッドという特殊な糸を皮下に挿入し、たるみを引き上げます。
伸縮性があるので、広い範囲で適用できることもメリットのひとつです。
丸みを帯びた突起が高密度で付いており、この突起を皮下組織に引っ掛けて引き上げるので、効果が高いリフトアップや修正が可能なのです。
また、糸に伸縮性があるので、施術後の引きつれによる後遺症の心配がほとんどないです。
皮膚の下に糸を挿入すると、刺激によってエラスチンやコラーゲンの生成が促進されて、肌にハリが出ます。
使用する糸などにより仕上がりや継続期間が違ってきます。
メリットが多く、デメリットが少ないリフトアップ施術ですが、強く引っ張った状態が続くと、早く劣化することもあるので注意が必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。