スプリングスレッドリフトのリスクを知っていますか?

スプリングスレッドリフトは、伸縮性のある特殊な糸を皮膚の下に挿入することでたるみを引き上げる施術です。スプリングスレッドリフトで使用される糸は、コグと呼ばれる丸い突起が1cmあたり24個という密度で4方向についています。このコグが皮下組織をしっかりと引き上げるので高いリフトアップ効果が期待できますし、伸縮性のある糸が表情に合わせて自由に伸び縮みするので、口の周りなどのよく動かす部分にも使用できます。そのため、口の周りのほうれい線が気になる場合にも効果的です。また、糸の周囲にコラーゲンやエラスチンが生成されるので、肌のハリや弾力なども取り戻すことが出来ます。スプリングスレッドリフトは、メスを入れることなくたるみやほうれい線を解消し、リフトアップ効果や美肌効果を得ることが出来る施術なのです。もし。施術を検討するなら、これらのメリットだけではなく、リスクについてもあらかじめ把握しておく必要があります。どのようなリスクが存在するのでしょうか。

スプリングスレッドリフトのリスク

皮膚を切除する施術と比べると効果は小さい

スプリングスレッドリフトは、伸縮性のある突起の付いた糸を皮下組織に引っ掛けることで、しっかりとたるみやほうれい線を引き上げる施術です。メスを一切使用しないので、その安全性の高さもメリットの一つと言われていますが、いくつかのリスクも存在しています。まず、メスを使用しないので安全性は高いのですが、皮膚を切除する施術と比べると、どうしても効果は小さくなってしまいます。また、非吸収性の糸なので、体内に糸が残ってしまいます。そして、個人差はありますが、だいたい3~5年程で効果が無くなってしまいます。そして、その他にも、糸を固定した部分が膨らんで見えたり、糸を埋め込むことで引きつりや異物感などを感じてしまう方もいます。また、糸の挿入部位のズレによって左右差が出てしまうこともあります。これらは、担当の医師の技術力が大きく影響します。そのため、スプリングスレッドリフトの施術を検討する際、これらのリスクを一つでも避けるために大切なのは、手術経験が豊富で技術力の高い名医を選択することです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。