友達にバレたくない!スプリングスレッドリフトのダウンタイムってどのくらい?

スプリングスレッドリフトとは、フランスで誕生した特殊な糸を使用したリフトアップ術です。糸をたるみが気になる部分に挿入し、糸についているコグを皮下脂肪に引っ掛けることでリフトアップさせます。この施術で使用される糸は、シリコンとポリエステル製であるため、従来のリフトアップで使用されている糸と比べて柔軟性や伸縮性に富んでいます。そのため、従来の糸でリフトアップした場合はツッパリ感が出ることがありましたが、スプリングスレッドリフトの場合は、筋肉に合わせて伸び縮みするので自然な仕上がりになります。しかも、糸の周りにコラーゲンやヒアルロン酸が生成されるので肌のハリ感もアップします。これらの施術にはダウンタイムがつきものですが、ダウンタイム期間中をどう過ごすかが、仕上がりにも大きく影響します。スプリングスレッドリフトの場合は、ダウンタイムはどのくらいかかるものなんでしょうか。そして、痛みや腫れや内出血などに関しては、どのように対処すればいいのでしょうか。

スプリングスレッドリフトのダウンタイム

ダウンタイムはおよそ2週間程

スプリングスレッドリフトのダウンタイムはおよそ2週間程になります。スプリングスレッドリフトは糸を挿入するので、針を挿入した跡が数日間は残ってしまいます。腫れや内出血やむくみなどが出ることもありますが、1~2週間程で徐々に落ち着いてきます。また、個人差はありますが、2~3日は痛みが続く方もいるので、その場合はアイスパックや冷たいタオルなどで患部を冷やすと多少痛みが和らいでいきます。施術を受けたクリニックで痛み止めが処方されるので、それを服用するのも有効です。日常生活に関しては、飲酒や激しい運動などはしばらく控える必要がありますが、洗顔や入浴は翌日から普段通りに出来るようになります。お化粧も、翌日から出来るようになるので、内出血もお化粧で隠すことが出来ます。腫れや内出血が落ち着いてから2週間から1ヶ月程で、徐々にフェイスラインも落ち着いてきます。ダウンタイム期間中は、出来るだけ安静にして身体を休ませることが重要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。