スプリングスレッドリフトのデメリット、気をつけるポイントは?

顔のたるみを引き上げるのに効果的な美容整形手術の一種に、スプリングスレッドリフトがあります。美容整形外科では提案されることが増えてきているので、名前を知っているという方も多いのではないでしょうか。そもそもスプリングスレッドリフトがどのような施術方法かというと、「スプリングスレッド」という、伸縮性の高い専用の糸を顔の皮下に挿入することによって、たるみを引き上げるという施術です。糸に伸縮性があるので、引きつれが少なく、顔のさまざまな範囲で使用することができます。そのため、皮膚に与えるダメージが少ないと言うことができます。また、この糸は溶けてなくなってしまうということがないので、長い間効果があるという点に特徴があります。
しかし、効果の高いスプリングスレッドリフトですが、その分さまざまなデメリットも存在しています。どのようなデメリットがあるのか、事前にきちんと知ってから施術を受けることが大切です。

スプリングスレッドリフトのデメリット

偏頭痛などの痛みが起こってしまうという可能性

スプリングスレッドリフトには、いくつかデメリットもあります。まず、糸を固定した部分に負荷がかかってしまうことにより、偏頭痛などの痛みが起こってしまうという可能性があります。また、術後に痛みが大きくなってしまうという人も多く、鎮痛剤などを飲まなければいけないというケースも存在します。
また、使用する糸の本数、引っ張り具合などによって異なりますが、ゆるみが起こって、引き上げ効果が弱くなってしまうというデメリットも考えられます。施術方法によっては継続期間も大きく異なってくるので、注意が必要です。再手術が必要になってしまうということもあります。
このようなデメリットから起こりうるリスクをできるだけ回避するためにも、スプリングスレッドリフトにおいて経験と実績のある医師に施術を依頼することが必要です。名医を探したいという時には、お気軽にご連絡ください。こちらで、スプリングスレッドリフトの名医をご紹介しております。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。