顔の脂肪注入のアフターケアが必要なのはナゼ?

顔の脂肪注入は、脂肪を注入する量によって、ダウンタイムが異なります。脂肪を少量だけ注入する場合には、2,3日仕事などを休むだけで治療をすることが可能であり、土曜日と日曜日などの週末に手術を行うことで治療をすることが可能になっています。顔の脂肪注入は、脂肪を吸引した場所のマッサージをすることが重要になっています。脂肪を吸引した場所の周辺部分から、脂肪を寄せるようなアフターケアをし続けることが重要になっていて、脂肪がなくなった場所を正常な状態に治す必要があります。顔に注入した脂肪は、1か月ほどで定着して、脂肪が定着してからは、顔のマッサージをすることも可能になっていて、顔などのさまざまなメンテナンスをすることが可能になっています。マッサージを怠ると、脂肪がでこぼこした状態になってしまい、仕上がりが悪いものになってしまう可能性もあるため、メンテナンスを怠らないように、医師などのアドバイスにしっかりとしたがう必要があります。

顔の脂肪注入のアフターケア

アフターケアをほとんどしなくてもよいことが特徴

顔の脂肪注入は、顔以外の部分から、自分自身の脂肪を取り出すため、長期間の良い効果を望むことが可能になっています。顔のシワやたるみ、くぼみなどを改善する持続性の高いたるみ治療をすることが可能であり、顔のバランスを整えることが可能になっています。自分自身の脂肪を利用して治療を行うため、体に悪い影響を与えないことが魅力的になっています。メスを一切使わないことも特徴の一つであり、傷の痛みに対するアフターケアをほとんどしなくてもよいことが特徴の一つになっています。注射をしたことによる傷跡のみが残るだけのため、メイクなどで傷跡を隠すことも可能になっていて、あまりに仕事などに影響を与えることなく治療を行うことができます。顔の脂肪注入は、体の余分な部分の脂肪を取り除くことが可能になっているため、痩せたいと感じている部分のケアもすることが可能なため、全身に良いケアをすることが可能になっているため、魅力的な方法です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。