顔の脂肪注入に失敗するとどうなってしまうのか

顔の脂肪注入に失敗するとどうなってしまうのか、手術を検討する人にとっては、知っておきたいことでしょう。加齢とともに顔には、ハリや弾力がなくなってきます。若い時代には顔には十分な、水分やヒアルロン酸やコラーゲンもたっぷりあったので、何もしなくても若い肌を維持することはできたのです。そんな恵まれた肌の環境は、あっという間に過ぎ去っていき、成人をしてからは老いとの戦いになります。しかし肌の老化はネガティブなものではなく、誰でも体験をすることですから、思い切って楽しみながら、顔の肌のエイジングケアに勤しむほうが得でしょう。顔のしわやたるみ、それに弾力のなさなどには、顔の脂肪注入での美容整形の方法もあります。自分の脂肪ですのでアレルギーもなくいいのですが、欲をかいてたくさん脂肪を入れすぎると、不自然な仕上がりになって失敗をすることになります。何事もやりすぎは公開をするものですので、脂肪を入れる整形手術をするときにも、適量を注入するようにしないといけません。

顔の脂肪注入の失敗

顔の脂肪注入は切開手術よりはリスクが低い

顔の脂肪注入に失敗すると、顔の表面に、不自然な凸凹が出てくることがあります。年齢を重ねていると、顔の肌には今までにないような老化の変化が出てきます。小じわが出てきたり、たるみが生じたり、驚くところにしわが出現したり、くぼみが出てくることさえあります。若い時期にはあった美肌成分がなくなって、顔の筋肉も衰えてくるので、顔は見るからに老化の一途をたどりやすくなります。リフトの手術をすすこともできますが、頭皮の皮膚の切開をして縫い合わせる手術は、言うほど簡単なものではありません。非常に大きいリスクと、高額な外科手術の支払いがセットになっているので、最終手段として考えるべきでしょう。顔の脂肪注入は切開手術よりはリスクが低いものの、バランスを考えないで入れてしまうと、変な凹凸が出来てしまい、なだらかな皮膚の表面ではなくなってしまいます。ヒアルロン酸のように、分解して溶かすことができませんので、修正は簡単ではありません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。