顔の脂肪注入を受けるならリスクも理解しておくことが大事

顔の脂肪注入のリスクは、失敗してしまうと修正が困難だというところです。
ヒアルロン酸注射などの異物を入れるのと違い、顔の脂肪注入では自身の太ももやお尻から脂肪を採取して、それを顔に注入します。
このおかげで生着率が高く、ヒアルロン酸のように分解されて効果がなくなってしまうことがないのですが、これが逆にデメリットになってしまう可能性があります。
ヒアルロン酸であれば、仮に失敗してしまったとしても1〜2年すれば皮膚から吸収されて元に戻ります。
しかし、顔の脂肪注入では分解吸収されないので、失敗跡もそのまま残ってしまいます。
これを修正するには高い技術力が必要になります。
気軽に受けられて高い若返り効果が得られるということで人気がありますが、このようなリスクもあることを理解しておく必要があります。
美容整形を受けようと意気込んでいる時には、メリットしか見えなくなってしまいがちですから、冷静になってもう一度検討してみましょう。

顔の脂肪注入のリスク

吸引と吸入した部位が凸凹になってしまうリスク

顔の脂肪注入で気をつけたいのは、吸引と吸入した部位が凸凹になってしまうリスクがあるということです。
吸引も吸入も繊細なデザイン力が求められるので、技術力が低いクリニックだと綺麗な仕上がりにならなくなってしまう可能性が高いです。
また、使っている機器についても注意が必要です。吸引と吸入のために使われる機械は、古式のものだとムラなく取る、入れる、という作業が難しい場合があります。
クリニックによってはどんな機械を使っているかを公表しているところもありますが、古い機械を使っているクリニックはあえてそれを公表せずに古い機械で顔の脂肪注入手術を行っていることもあるので、注意が必要です。
凸凹になってしまった場合には修正することは不可能ではありませんが、何度も顔に処置を入れることになり、そのぶん傷跡や腫れなどのリスクが高くなってしまいます。
最初から安心して任せられるクリニックを探すためには、美容医療の情報を提供している第三者機関を利用すると安全です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。