セルリバイブジータの名医はどう探す?基準は?

セルリバイブジータは、従来のPRP療法よりも、血小板を濃縮し、さらに白血球を濃縮して含有させ、自己再生能力を高めた、最先端の美容整形の方法です。
細胞を元気に若返らせる働きをもつ血小板と、傷を修復する働きがある白血球を濃縮して併用することで、自然治癒力組織再生力を大幅に向上させることが可能となりました。
自分の血液を利用しているため、アレルギー反応の心配もなく、拒絶反応もないため、安心して施術をうけることができるのも特徴です。
また医薬品として認可されている細胞成長因子を添加しているため、コラーゲン組織の弾力性を高め、今まで改善が難しかった深いしわにも高い効果を実感することができます。
セルリバイブジータは、培養操作なども不要なため、安全性が高く、一般的な注入療法と同様の痛みや赤み、腫れなどの副作用があります。また技術の低い医師が施術を行うと、効果が現れなかったり、失敗するリスクも生じますから、実績のある名医を選ぶことが大切です。

セルリバイブジータの名医

目の下のくまやたるみの治療法

セルリバイブジータは、再生医療の最先端技術で、目の下のくまやたるみの治療法として近年注目を集めています。
セルリバイブジータは、再生医療による若返り療法で、自分の血液から血小板と白血球を抽出し、しわやたるみの気になる部分に注入することで、老化した肌を活性化させることが可能です。
PRP療法よりも、血小板の濃縮率をさらに高め、濃縮した白血球と細胞成長因子を注入しているため、より効果をアップさせることができます。
従来の施術では改善がむずかしかった深いしわやほうれい線などにも効果があり、目の下のセルリバイブジータの効果は3年以上と注入系の治療法ではダントツの持続性というのも魅力となっています。
施術後の凹凸が目立つこともなく、ナチュラルな仕上がりで、安全性もきわめて高い方法ですが、医師の技術を大きくかかわる施術となるので、失敗を防ぐためには、名医を選ぶことが重要です。そのため、施術を受ける際には、きちんとデメリットやリスクを説明するクリニックを選ぶようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。