セルリバイブジータのアフターケアって何するの?

セルリバイブジータは、細胞成長因子添加W-PRP療法とも呼びます。具体的な方法としては、自分の血液から採取した血小板や白血球を注入することによって肌の再生を促す治療法のことをセルリバイブまたはW-PRP療法という名称で呼びますがその治療法にさらにプラスして細胞成長因子を加えることによって肌の再生効果をさらに高めることができるという治療方法です。ジータは究極のという意味があります。
セルリバイブジータを受けることによって、目のまわりにできてしまった小じわやたるみの除去に効果があるほか額の部分やほうれい線、あるいは首などにできるしわやたるみを除去する働きもあります。この方法では従来の美容方法ではなかなか除去することができなかった小じわやたるみを無くす可能性が高まることで現在広く注目されています。また、副作用も少ないことも魅力といえます。
ただ、セルリバイブジータを受けるときにはアフターケアを必要としますので守るようにします。

セルリバイブジータのアフターケア

ダウンタイム期間中のアフターケアも必要

セルリバイブジータを受けてからのダウンタイムとしては、腫れがひくまでにおよそ1週間ほどかかります。これは他の美容方法と比べて決して長いというわけではありません。また、従来のセルリバイブまたはW-PRP療法に比べて効果の持続時間や皮膚の再生力が向上していることも特徴です。効果が現れるまでの時間についてもセルリバイブよりも短くなっており、およそ1週間から2週間くらいで効果が出始めてきます。
とはいえ、効果の持続時間は有限であることには変わりなく5年程度で効き目は薄れてきます。ですので、定期的にセルリバイブジータを受けることになることは変わりありません。
また、ダウンタイム期間中のアフターケアも必要とします。具体的にはまず激しい運動については避けることが肝心です。次に、もしも痛みを生じるときにおいてはタオルを使って冷やしたり病院から処方された痛み止めを服用するようにします。
失敗のリスクを減らすには、ドクター選びについては重要です。実績のある医師のもとで手術を受けるようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。