ロアーリフトのアフターケアで効果に差がでる?

ロアーリフトとは、加齢などによるものが原因で頬の筋肉が弱くなってしまい、頬から首元に皮膚が垂れ下がってしまうため、逆三角形だった輪郭が四角く変化してしまった状態を改善する手術です。
輪郭がすっきりとすると10歳は若返ることが出来るとして、アンチエイジングの美容整形としても人気の方法です。
ロアーリフトの代表的な手術方法は、耳の前の部分を切開し、たるんだ皮膚を持ち上げて余分な皮膚を切除し縫合しなおします。
このとき、余分な脂肪が多い場合には脂肪吸引を同時に行ったほうが、より効果的な場合があります。
切開手術のため、手術後には痛みや腫れが続く場合があります。
個人差はありますが、目安としては2週間のダウンタイムを必要とします。
ダウンタイム中のアフターケアについては、手術後に医師による説明が行われます。
痛みが強い場合には、医師から処方された鎮痛剤を上手に利用しましょう。
きちんとしたケアを行うことが大切です。

ロアーリフトのアフターケア

アフターケアも大切

ロアーリフトは切開手術のため、リスクもいくつかあります。
まずは、傷口についてです。
多くの場合、耳の前やもみあげ周辺の皮膚を切開します。
医師の技術力によっては、再縫合を行う際にもみあげの形が変形してしまったり、耳たぶの形が変わってしまうというトラブルもあります。
またロアーリフトの手術を受けた後には、アフターケアも大切になってきます。
医師の指示によるケアは必ず守る必要があります。
このことによって、手術後の状態に変化が生じやすいからです。
最も分かりやすいのが、傷口です。
基本的にはダウンタイム中は痛みが強かったり腫れがひどい場合には、アイシングを行い冷やすことが重要ですが、場合によっては薬を使用します。
鎮痛剤や軟膏などが処方された場合には、医師の指示に従って使用しましょう。
きちんとケアすることで、傷口がきれいに治るので目立たなく仕上がります。
傷口にむやみに触れてしまったり、自己流のケアは避けましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。