リガメントリフトのリスクとして考えられることとは?

リガメントリフトは頬のたるみをひきあげる治療法です。リガメントというのは靭帯のことで、顔面の皮膚と骨の間にあり、皮膚を骨に強く固定するはたらきをしています。加齢などと共に組織がやわらかくなると、重力の関係で立っている際には顔の肉が垂れ下がるようになり、仰向けになると外へ向かって広がります。リガメントのある部分の皮膚は垂れ下がることはありませんが、リガメントがないところの皮膚は垂れ下がっていきます。そのため、リガメントをはずすことによってたるみを引き上げることが可能になります。リガメントを用いて強い力を使い、たるみを引き上げるので、後戻りがないのがリガメントリフトのメリットです。リスクは、元に戻らないため、腕の良い医師が行わないと希望通りの仕上がりにならない可能性があります。皮膚を切除して行う施術ですので、症例数が多く、経験が豊かなクリニックを選ぶことをおすすめします。また、アフターケアがしっかりしているところを選びましょう。

リガメントリフトのリスク

技術をもった医師に施術をしてもらうことをおすすめ

リガメントリフトのリスクは、衛生面のしっかり整っているクリニックで施術を行わなかった場合、感染症になる可能性があります。ドレーンや抗生剤点滴を二種類使うなど、感染率を抑える配慮をしているところを選ぶことが大切です。また、仕上がりに関してのリスクとしては、ひきつれを生じる場合があります。技術をもった医師に施術をしてもらうことをおすすめします。リガメントリフトは、本来は元に戻らず、持続期間が長いのがメリットですが、技量のない医師が行うと、持続時間が短くなったり、再手術や修正手術が必要となる場合があります。正しく施術を行うことで美しくなれる施術ですので、カウンセリング、施術、メンテナンスをしっかり行うことが大切です。また、剥がす面積が広い場合には、痛みや腫れが強くなる可能性や、神経を損傷する可能性もあります。個人差はありますが、ダウンタイムのおよその期間を施術前に聞き、日常生活に戻るのはいつかなど、丁寧な説明をしてくれるところを選びましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。