リガメントリフトのアフターケアが大切な理由とは

リガメントリフトとは、主に顔のたるみを引き上げる美容施術です。
『リガメント』という顔の骨と皮膚を固定している靭帯を利用し、リフトアップを行うものです。
年齢を重ねると、顔の皮膚はたるんできます。顔の筋肉が弱くなってきたために、皮膚が重力に逆らえず落ちてきてしまうのが原因です。
リガメントは皮膚を骨に固定している靭帯で、顔のどこにでもあるわけではありません。このリガメントを利用して顔のたるみを引き上げると、引き上げた皮膚が戻らないというメリットがあります。

注意点は、専門的なクリニックで行う事が必須ですが、中にはリガメントではなく、通常の『フェイスリフト』の施術になってしまう事があります。これが『皮膚が引き上がらない』という原因になります。
また、この施術には4時間以上もかかります。更に、施術後の傷痕や自然な表情は可能か、術後の後遺症などのデメリットも伴います。これら全てのポイントをクリアして『成功』と言えます。
リガメントリフトには経験豊富な医師、実績のある医師の施術が不可欠です。
また、顔の皮膚を切断して行う施術になるため、その後のアフターケアも重要になります。

リガメントリフトのアフターケア

自分で可能なアフターケアの方法

リガメントリフトを行った後に、何かしらの腫れやむくみなどの症状が現れます。この症状は約2週間ぐらいで治まる事がほとんどなので、気になる方はマスクをするなどの対処を取ってください。2週間も待っていられない、という方は自分でアフターケアを行いましょう。
自分で可能なアフターケアの方法は、そんなに難しくはありません。まずは腫れている部分を、適度に冷やす事です。そして施術を行ってすぐは、血行の良くなるスポーツは控える事が大切です。冷やす時も、刺激を与えないように冷却材などの利用はやめましょう。施術後の肌は敏感なので、刺激を与えないようにしてください。

リガメントリフトにはアフターケアが必要です。自分で行うケアも可能ですが、それでも症状が治まらない場合もあります。そういった場合は専門的にケアを行ってもらいましょう。施術後に異常が感じられた場合は、速やかにクリニックへ相談するようにしてください。
施術を完璧に行える医師は残念ながら少ないため、実績と経験を積んだ医師に任せる事が施術成功のコツです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。