溶ける金の糸(レインボーリフト)を受けるデメリットとは

レインボーリフトとは、極細の糸を皮膚も下に挿入してコラーゲンの生成を促して肌のアンチエイジングを目指すリードファインリフトという方法に溶ける金の糸(レインボーリフト)を使用して行うリフトアップ法です。

皮膚の下に溶ける金の糸(レインボーリフト)を挿入することで糸にコーティングされている純金のナノ粒子が皮膚の下で拡散されます。

拡散されると皮膚組織が刺激されて新陳代謝につながるので肌にハリやコシ、弾力が戻って若々しい肌に生まれ変わる効果が期待できます。

では、溶ける金の糸(レインボーリフト)におけるデメリットとはどんなことなのでしょうか。

この施術は比較的体への負担が少なくプチ整形ですが、失敗しるリスクやデメリットがないというわけではありませんので、しっかりと理解しておくと自分がいざ施術を受けるときに役立ちますので知っておくようにしましょう。

技術力が低い医師が執刀すると内出血や失敗するリスクが高まってしまいますので、たんに費用の面でクリニックを決めるのではなく慎重に決めていくのが望ましいといえるでしょう。

溶ける金の糸(レインボーリフト)のデメリット

たるみが軽度の場合に有効である方法

溶ける金の糸(レインボーリフト)の糸に含まれる純金ナノ粒子は、10年ほど持続効果が続くとされてますので長期的に肌が若々しく保てる作用が続きます。

基本的に顔全体であれば挿入することは可能であり、挿入された純金ナノ粒子は線でなく面に作用するため肌の表面が若返ることが考えられます。

では、溶ける金の糸(レインボーリフト)におけるデメリットとはどんなことなのでしょうか。

この施術はリードファインリフトと金の糸の肌の新陳代謝を高める相乗効果によって高いアンチエイジング効果が期待できるとされていますが、たるみが軽度の場合に有効である方法なのでたるみが強い場合にはあまり効果が期待できないこともあります。

そのため、施術を受けたのにもかかわらずあまり効果が期待できないなどのデメリットもありますので、施術を受ける際は事前にしっかりとカウンセリングを行い自分がどの程度のたるみなのか、この方法でたるみを改善して肌を若返らせることはできるのかを医師と相談した上で施術を行うようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。