フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

プレミアムPRP皮膚再生療法に失敗したらどんな状態になるの?

プレミアムPRP皮膚再生療法はPRP療法に比べ効果が高くなり、いままで効果が出にくかった深いしわやくぼみ、目の下のたるみ、クマなどなどへの効果も出やすく改善されました。
持続年数も3年以上効果が持続するようになりました。
プレミアムPRP皮膚再生療法の失敗も少なくなりましたが、施術のレベルの低いクリニックなどで施術を受けた場合には膨らみすぎてしまったりしこりができてしまうという失敗が考えられます。
経験・知識・スキルのあるクリニックでの施術を受けることで失敗のリスクを下げることができます。
ダウンタイムはほとんどなく施術当日にメイクをして帰宅できるのですが、注射器を使うという事で内出血や腫れが数日続くことがあります。稀に1ヶ月以上腫れなどがひかないということもあるようです。また、まったく効果を感じられないという事も成功したとは言えません。やはり、カウンセリングを受けてみて信頼できると確信したクリニックでの施術をするようにしましょう。

プレミアムPRP皮膚再生療法の失敗

失敗といえば、膨らみすぎ

プレミアムPRP皮膚再生療法は自分の血液を採取して遠心分離器でPRPを取出し、注射器で少量ずつ注入していきます。
自分の血液なのでアレルギーなどの心配がない施術です。
今まで効果の出にくかった深いしわや目の下のたるみ、クマなどにも効果が期待できるようになりました。
プレミアムPRP皮膚再生療法の失敗といえば、膨らみすぎてしまう、しこりになってしまうという事があげられます。失敗のリスクも少なくなりましたが、施術する医師のスキルや経験や知識によって差があります。
ダウンタイムがほとんどないプレミアムPRP皮膚再生療法ですが、内出血や腫れが長期間ひかない場合には医師に相談する必要があります。施術してすぐに効果がでるものではありませんが、1ヶ月目くらいからゆっくりと効果がみられ3年以上の効果持続が期待できる施術ですがせっかく施術を受けたのに全く変化がない、効果が見られない、効果が続かないという場合も失敗といえるかもしれません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。
最新記事 by 美容整形の名医相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*