プレミアムPRP皮膚再生療法のアフターケアって何に気をつければいい?

プレミアムPRP皮膚再生療法は、自分自身の血液(血小板)を利用した若返りの万能注射になっています。自分の血液を体のさまざまな場所に注入していくような知用法であるため、体に異常をきたすことが非常に少なく、安全性が高い治療法になっています。プレミアムPRP皮膚再生療法の注射液を注入後に、しこりや、注入液による膨らみすぎのリスクが限りなくゼロに近いため、アフターケアをあまりする必要がなく、治療を非常に行いやすくなっています。プレミアムPRP皮膚再生療法を受けた後の症状として多いものは、腫れやむくみが出てしまうことです。少量だけ注射液を入れますが、若干異常が出る場合もあるため、冷やすなどのケアをする必要がある場合もあります。また、注射をさまざまな場所にするため、注射の跡が残り、赤くなることがあるため、傷跡のケアを少しだけする必要があります。注射の傷跡は、メイクなどで隠すことも可能であり、あまり大きな傷が残ることがないため、安心できます。

プレミアムPRP皮膚再生療法のアフターケア

アフターケアとして重要なこと

プレミアムPRP皮膚再生療法のアフターケアとして重要なことは、血流が良くなる事のないように安静にすることです。プレミアムPRP皮膚再生療法に使われる注射液は、血液によって作り上げるため、血流を良くした場合には注射液が注射をした部分から流れて行ってしまい、血管中で、血液に吸収されてしまう恐れがあるため、血流を良くするようなマッサージなどをしばらく控える必要があります。本格的なプレミアムPRP皮膚再生療法による治療を受ける場合のダウンタイムは2週間ほど、プチ整形の場合には1週間ほどであり、むくみなどのケアをしっかりと行う必要があります。効果を実感することができるのは1~2か月ほどであるため、効果がなかなか見ることができませんが、自然な仕上がりになるため、安心できます。効果は3年ほど続き、その後に治療を繰り返すこともできるため、定期的アンチエイジングのケアに向いていて、魅力的な治療になっています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。