PRP療法のデメリット4つ。ブログから集計済み

PRP療法のデメリットをブログから集計してみた

PRP療法とは、自分の血液から抽出した血小板の成長因子をつかって皮膚の再生・若返りをさせる再生医療です。
PRP療法は自分の血液を使用しているので安全性が高いという事が一番のメリットです。
しわやたるみ、シミ、毛穴の開き、ニキビ跡など肌の悩みの改善に効果的です。

PRP療法を行って急激な変化が起こるのではなくゆっくりと改善していくため、周囲にすぐにわかってしまうという事がないので安心です。では、まったくデメリットはないのでしょうか。

注射で注入するので注射が苦手な方にはデメリットといえます。
そして内出血や腫れが出てしまう方もいます。

個人差もあり、同じ人でも毎回腫れや内出血の状態が同じになるという事ではありません。
腫れや内出血がある間は、少し気になると思います。

腫れは3日前後で引くことが多いのですが、内出血が出てしまった場合は度合いにもよりますが1週間ほどで消えることが多いのでイベントなどがあるときには、日にちを考えて受けつ必要があります。

PRP療法のデメリット

効果を感じることができるまでに時間がかかります

PRP療法は効果に個人差があり、効果を感じることができるまでに時間がかかります。
急激な変化が出ないので周囲の人に気が付かれず緩やかな効果があるということで受けやすい療法でもあります。

1回の注入で効果が持続する期間は1年から3年ほどです。
長期的に効果の持続を求める場合には、定期的にPRP療法を受ける必要があるという事になります。
金額が高めというところもデメリットといえます。

PRP療法の効果を高めるために成長因子を添加して注入しているクリニックもあります。

効果が期待できる反面膨らみすぎてしまったりしこりになってしまうという事がデメリットとしてあります。
期待していた効果が得られないという場合があることもデメリットといえます。

施術レベルの高いクリニックで、しっかりとカウンセリングを受けましょう。
納得がいくようにカウンセリングでわからなことや不安なことはしっかり説明を受けてから決めるようにしましょう。

PRP療法の失敗で定着しない・吸収される

血小板は、もともと止血したり細胞の修復を行うものですから、体に不調な部分があれば優先的に使われてしまいますから、肌のしわやたるみの解消に必要な分が確保できずに定着しない・吸収される可能性があります。

医師が失われることも計算した施術を行ってくれることが大切で、術式の経験数が多いほど個々の体に合った施術を行って失敗するリスクを減らすことにつながります。肌が再生する期間も計算して、施術を行う必要があります。

PRP療法の失敗でしこり・膨らみ過ぎる

どうしよう…膨らみ過ぎるデメリットがあるPRP療法の被害者になったら。

皮膚のエイジングケアに高い効果が期待できるPRP療法は、高濃度血小板血漿による再生医療で血小板に含まれる成長因子による作用を期待するもので、新たに毛細血管が作られたり、コラーゲンの生産が増加して肌細胞を元気にさせ、しわやたるみの解消を目指す術式です。しかし、濃度を誤ったり注入量によってはしこり・膨らみ過ぎることがあります。

医師が目的や部位に合わせ、濃度や量を加減して施術を行うことが最も重要な術式です。

PRP療法の失敗で持続期間が短い

PRP療法で高濃度血小板血漿による細胞の若返りを目指しても年齢的なものがあって、あまり活性化しなければ持続期間が短い場合もあります。衰えてしまっている組織のことを考えて、施術を何回か続けて行うことでカバーできる場合があります。

再生スピードに合わせて3週間おき程度に複数回施術を行うと細胞の活性化や、コラーゲンの生産促進が見込まれますので、失敗しないためには医師の診断が重要です。

名医による施術でたるみやしわをなくす

施術に失敗してしまったら、再施術を行ったり別な方法で失敗部分をカバーする必要性が出てきてしまいます。医師によっては、再施術を行っても十分に効果が得られない場合もあるので、リスクを避けるためには初めから優れたPRP療法の知識と技術を持った医師に担当してもらうことが肝心ですから、クリニック選びは慎重に行いましょう。

当相談所では、名医の美容外科をご紹介をしておりますので、しわやたるみにお悩みの時にはお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。