PRP療法のダウンタイムってあるの?

PRP療法とは自分の血小板を利用した若返りの施術です。
自分の血液を使って肌の組織そのものを若返らせるので安全な治療法です。
採血をして遠心分離機などの装置を使用して血小板を取り出して施術します。
PRP療法は自分の血小板による若返りの注射です。そのため、注射を打つ痛みはあります。
注射の痛みが苦手な方は、麻酔クリームなどを使うことができます。カウンセリングの時に痛みが心配だという事を相談してみましょう。
PRP療法は施術後のダウンタイムはほとんどないので、すぐにメイクすることができます。
しかし、注射を打つことで内出血や腫れが出る場合があります。
内出血は3日から1週間ほど続くことがあります。
腫れは1日から3日程度でおさまることがほとんどです。
稀に1ヶ月腫れが続いたという方もいます。
内出血などの程度は個人差が多いので、しばらく様子を見ても改善が見られないようでしたら施術をした医療機関に相談してみましょう。

PRP療法のダウンタイム

ダウンタイムも1週間程度と短め

PRP療法はダウンタイムがほとんどなく施術後すぐにメイクができます。
しかし施術当日は激しい運動をしたり飲酒などは控えましょう。
PRP療法は自分の血液を採取して遠心分離機などの装置を使って血小板を取出したものを注射する施術です。
注射をするので針を刺す痛みはあります。
そして、注射針を挿すという事で内出血を起こすこともあります。
腫れが出るという方もいます。
どちらも、個人差があり全く内出血も腫れもないという人もいれば内出血が数日続く人や腫れが続く人もいます。
数日続くのは失敗ではありませんので様子を見ましょう。
1週間以上たっても改善が見られない時には我慢せず相談しましょう。
ダウンタイムはほとんどないのですが、全くないというわけではないという事です。
個人差があるという事を理解してから施術を受けましょう。
ダウンタイムが数日続いても大丈夫なようにイベントなどは可能ならば施術後すぐではなく余裕をもって予定を入れておくことをおススメいたします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。