知ってますか?オーロラで起こりえるリスク

オーロラで起こりえるリスクとして、皮膚の乾燥があります。皮膚トラブルを改善して美肌を目指した治療ですので、逆に乾燥をするのは変だと思うかもしれません。オーロラは特殊な光をお肌へと照射をして、その複数回の治療によって、あらゆる素肌のトラブルを改善している美肌治療法です。光の照射は皮膚の内部に、ほのかな熱を加えることにもなります。熱の特性として周りの水分を、どんどん蒸発させてしまうので、施術をしたパーツの皮膚は乾きやすくなります。乾いた皮膚は弾力を失いますし、ハリもなくなって、血色まで悪くなっていきます。そのまま乾いた状態を放置してしまえば、せっかくの活性化して皮膚であっても、効果を十分には発揮できなくなります。オーロラの光照射を受けたら、皮膚が乾きやすいということを理解して、化粧水を使って水分の不足を補うようにしましょう。丁寧な素肌への水分補給を毎日継続をすることで、乾いた素肌は潤って、次第に元気になっていきます。

オーロラのリスク

リスクとしてほくろやシミへの反応

オーロラ治療で起こりえるリスクとして、黒いほくろやシミなどの関連することがります。オーロラの光治療は、黒い色素への反応をしますので、ほくろやシミへも反応をします。施術後には数日もすると、これがかさぶたになります。ほんの一時ではありますが、皮膚にかさぶたができてしまうのは、女性にとっては辛いかもしれません。気になって手で触れてみたり、自分で剥がしたりは絶対にしないことです。かさぶたはそのまま残るわけではなく、時期が来れば剥がれ落ちていきます。およそ2週間から3週間もすれば、いつの間にか剥がれていきますので、そのまま触れないように気をつけましょう。光の照射をすれば、いつもかさぶたができるとは限りません。ですが、もしも肌にかさぶたができたとしても、それには触らないことを覚えておきましょう。肌サイクルが順調になるように、かさぶたを気にするよりも、皮膚のスキンケアを十分にしたほうがいいです。化粧水は特別なものではなく、いつも使っているアイテムで大丈夫です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。