オーロラのアフターケアとしてすべきこととは

オーロラのアフターケアとしてすべきこととは、照射のお手入れをしたパーツへのスキンケアです。見た目にはわからないかもしれませんが、光の施術を受けたお肌は、水分量が少しだけ少なくなっています。それは光のエネルギーを照射したことで、お肌の内側にも熱が加わった野毛理由です。熱は水分を蒸発させることになりますので、角質層における水分量は低下していきます。お肌が弾力のある潤った状態を保持できるのは、何を隠そうこの角質層の、水分と油分の良い状態があってこそです。オーロラの光治療は激しいダウンタイムがありませんので、お肌の内側で水分不足をお越しているとは、見た目にはわかりにくいことです。ですが実際には内側では、水分が足りない状態に陥りやすいため、肌にはローションをたっぷりと付けてあげる必要があります。重ねづけでローションを塗布して、その上でミルクやクリームも使いましょう。施術を受けた日だけではなく、継続的にスキンケアは続けていくことです。

オーロラのアフターケア

アフターケアはお肌の紫外線対策

オーロラ治療を受けてからのアフターケアとしてすべきこととして、お肌の紫外線対策が挙げられます。多くの場合、夏の日差しに気が付いてから、日焼け止めクリームをつけ始めて、秋の気配を感じたら、日焼け対策は終わりにするパターンが一般的です。しかしオーロラの治療をするのであれば、お肌は焼かないことが大事ですし、紫外線対策は通年を通して行うようにしましょう。治療は痛みもないですし、暖かい光での心地の良い治療を受けられますので、肌表面はいつもとそれほど変わらないで見えます。でも光照射を受けたあとというのは、エネルギーが肌に加わっているので、肉眼ではわからないものの皮膚の内部は弱くなっています。とてもデリケートな皮膚状態は、お日様の光にも影響されやすいです。それは日焼けしやすい状態でもありますし、とてもシミやソバカスができやすい状態とも言えます。だから、光での照射を受けることになったら、肌をしっかり紫外線対策で焼かない努力は必要になってきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。