フォトRFの修正で大事なポイントとは

フォトRFの修正で大事なポイントとしては、肌の状態に適した照射へ寝るギー設定での施術を行うことです。ダウンタイムがほとんどないのが、フォトRFの美肌治療のメリットです。しかし、どんな照射系の美容治療でも言えることで貼りますが、それぞれの肌状態にマッチした、設定レベルでの照射であってこそ、望むような肌状態を手に入れやすくなります。それは出力のレベルが、高すぎても低すぎても、お肌への作用はイマイチな結果になりがちです。設定を高くしすぎてしまえば、施術後に肌には赤みが出てしまいますし、そのあとで保冷剤等を使ってのクールダウンも、家に帰ってからも必要になってきます。顔の赤い状態は恥ずかしいですから、マスクで隠したりする必要も出てきます。逆に設定を低くしてしまうと、照射の時に皮膚に感じる刺激が少ないですが、肝心の美肌への作用はそれだけ低くなります。フォトRFの修正を行うのであれば、その時のその人の皮膚状態を理解して、本当に適正な設定レベルで、丁寧に照射をしてく必要があります。

フォトRFの修正で大事なポイントとは

数回の治療をするというのも大切

フォトRFの修正で大事なポイントとして、ある程度の期間をあけながら、数回の治療をするというのも大切になってきます。美容医療機器を利用して行う照射タイプの治療は、フォトRFのようなマイルドなタイプになるほど、施術をする回数はある程度は必要になってきます。組織への破壊力が高いレーザー光による治療などは、たった1回だけのレーザー治療であっても、高い効果を発揮するものですが、その分だけ施術後に待っているダウンタイムも長期的なものとなります。フォトRFはダウンタイムはほぼないものの、たった1回のみの治療で皮膚トラブルが全て解決をすることがありません。シミやソバカスにシワなどへのリセットの作用をもたらしますが、それはある程度の回数を必ず執拗としています。そしてそれは、毎日受ければいいというものでもなく、2週間から3週間に1度のペースで、5回から6回の1クールは継続をしていくことで、本来の望みである美肌を手に入れやすくなっていきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。