フォトRFのリスクとは

フォトRF治療のリスクとしては、治療施術後の肌状態に、赤みを帯びることがある点でしょう。メスを使うような美容整形ではありませんが、フォトRFは専用の美容医療機器を使って、皮膚への照射を行う治療方法になります。お肌を美しくするための照射ではありますが、皮膚のはそれなりのエネルギーが加わることになります。そのため加わるエネルギー量によっては、照射をする際に、チクッとした軽い痛みを感じることもあります。さらに治療を受けたあとには、照射を受けた肌の部分には、軽い赤みを生じることがありますので、少しだけ驚くかもしれないです。ですが照射を受けるときに感じる痛みというのは、レーザー光のような強烈なものではありませんし、クリーム麻酔や笑気麻酔がないと受けられないほどの、強い痛みというわけでもありません。ほんの軽い痛みですので、我慢できる範囲です。患部に感じることもある赤みに関しても、施術後のほんのしばらくの間です。

フォトRFのリスクとは

日傘やサングラス、帽子やメガネなどの紫外線対策

フォトRFのリスクとして、紫外線による影響を受けやすくなるというのもあります。若い肌をキープしたい女性にとって、紫外線は美肌の大敵となります。フォトRFは光を照射する美容医療の方法であり、ある程度の熱エネルギーが加わりますので、皮膚状態はそれによって、ほんの一時的に弱くなります。それは時間をかけて回復をしていき、美肌効果をもたらすことになりますが、それまでの間は皮膚を守る機能が弱くなっていますので、太陽のもとでの活動時には、紫外線が容赦なく降り注ぐ中で影響を受けやすくなります。フォトRFの美肌治療は基本的には、数回の照射の治療を繰り返していき、ゆっくりと美しい素肌を手に入れることのできる治療方法になります。そのため、治療を受けている間も、施術後の半年ほどの間も、日焼けは絶対にしないようにする必要があります。外出をする際には、日傘やサングラス、帽子やメガネなど、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。