知っておいてほしいネックリフトのリスクについて

ネックリフトのリスクで多いのがたるみが改善しなかったり効果が出ないことです
皮膚を引っ張り上げるだけの手術だと持続性がありません。

たるみが改善しないときや、効果が出ないときは正確にSMASやリガメントを操作出来ないためです。
とくに短時間で行ったネックリフトだと、十分にSMASやリガメント組織の内部処理が出来てないためたるみが改善しなかったり、効果が出ないことがあります。

クリニックのホームページで、リガメントを引き上げるとあっても少しだけ触れて終わっていることが多いです。
他にもネックリフトには感染のリスクがあります。

感染は最も注意が必要なことで、衛生面が悪いクリニックは避けることが大切です。
クリニックによっては短い時間で雑な手術なこともあります。

衛生面に気を遣っているクリニックだと、ドレーンや抗生剤点滴2種類などを使って感染を出来る限り無くすように努力をしています。

どの整形にもメリットとデメリットはあるのでそれを確認してから受けることが重用になります。

ネックリフトのリスク

ネックリフトのリスクにはひきつれ

ネックリフトのリスクにはひきつれもあります。
皮膚を引っ張り上げるだけのフェイスリフトだとひきつれを起こしやすく、これも正確にSMASやリガメントを操作出来てないことが原因です。

技術力が低いと起きやすく、中には集団で提訴を起こされた医師もいます。
ひきつれを防ぐには、実績が高く経験豊富な医師の選択が欠かせません。

持続時間が短くなることもります。
ネックリフトは大変効果や持続時間が長いと言われていますが、医師の技術力が低いとリフトアップが出来ないで直ぐに効果が無くなることもあります。

効果や持続時間が短いと再手術や修正が必要なるので、定期的なメンテナンスも注意がいります。
正しく行うことで、しっかりとした若返り効果が期待できるので、しっかりとした技術力の高い医師選びが重用です。

他にも、傷痕が残るリスクがあります。
これも皮膚を引っ張り上げるだけだと、傷口にテンションがかかるので傷痕が汚くなります。

傷跡を出来る限り残さないためには、極細糸や傷跡クリーム、傷痕を少なくする薬などを処方してくれます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。