フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ネックリフトの効果と失敗・修正のすべて!

ネックリフトとメリット

ネックリフトは、首のタルミ、しわを取るために行う、首だけに限局したフェイスリフトです。
ネックリフトは、頚部除皺術、原則的にメスを使う方法になります。

切開する部位は、耳介の前方から後方にかけて切開する方法、頚部を切開する方法、両方を切開する方法の3種類がありますが、術式はクリニックやドクターにより異なります。

プチ整形も考えられますが、首のシワや首の弛みを治療する場合は、ヒアルロン酸注入や糸によるリフト手術などでは治療が難しく頚部除皺術、ネックリフト手術が必要になります。

熟練した特殊な技術が必要であるために、手術を行っているクリニックが限られています。
技術力、豊富な経験のあるドクター、名医を選択して下さい。

ネックリフトの効果と失敗・修正のすべて!

ネックリフトの名医と有名病院

ネックリフトの名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

ネックリフトの症例数が多いだけではなく、クオリティの高いネックリフトの症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

ネックリフトの症例写真

症例画像①

ネックリフトの美容整形・手術・治療

ネックリフトの整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。
ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

ネックリフト失敗・修正・再手術

ネックリフトの手術では、プチ整形やケーブルスーチャーなどの糸によるフェイスリフトをしたが思った効果がでなかったので、ネックリフト手術をしたという方が多いです。経験と技術を要する手術です。耳の後ろ側からうなじ部分にかけて切開を行いますが傷跡になります。傷跡はシワに沿って切開をしますので、目立たなくなりますが、これは縫合技術のない医師が行うと無残な状態になります。

ネックリフトで失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介で詳細に失敗例について解説しております。

技術的にもドクターの経験値に大きく左右する事がありますので、是非輪郭形成、頭蓋学外科の名医を選択しなければなりません。入れ替え・修正・再手術を防ぐために、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

失敗や修正を防ぐには?

ネックリフトを行うときには、ダウンタイムの説明やリスクの説明、アフターケアなどがしっかりしているクリニックがポイントになります。

失敗例もたくさんあって、皮膚が凹凸になったり糸の干渉や、しびれや知覚鈍麻傷跡などの神経の損傷リスクもあります。
ネックリフトの修正をするとなると、かなり難しいので最初に時間をかけてじっくりとクリニックや医師を探すことが大切です。

失敗や修正を防ぐには、麻酔科標榜医と執刀医のしっかりとした役割分担、安全性基準を満たしているクリニック、十分な治療時間とアフターケアなどがあるかを確認しておきます。

他にも、SMASリフトやリガメントリフトが正しく出来ているかも重要で、これも一瞬だけ触るだけの手術をするところもあります。
これだと持続力がないため修正が必要になります。

傷跡にたいして極細糸の使用や、その時に形成外科的な縫合をしてくれるかも見極めるポイントです。
ダーマボンドもありますが、これは傷跡の仕上がりが悪くなります。

感染防止に対して、ドレーンや抗生剤点滴を使っていて、糸を使うときは安全性が高い材料かも重要です。

ネックリフトの効果・仕上がり・アフターケア

ネックリフトの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
効果が無い、引きつれ、麻痺、傷跡などによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

ネックリフトの整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

ネックリフトのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

ネックリフトのデメリットをまとめます。

ネックリフトは首のたるみやしわを解消することができる美容修正術です。

一昔前は、首のたるみは皮膚の一部を切り取って修正する方法がとられていたのですが、この場合は傷跡が残ってしまうリスクがあります。

現在は一般的にネックリフトは糸で吊り上げる方法がとられています。

この修正法だと、傷跡が出来ず、自然に綺麗に仕上がるというメリットがありますが、やはり未熟な医師が行うと、皮膚の一部がひきつれるなどの失敗がありますので、熟練した医師がおこなわなければならないでしょう。

他にもネックリフトの修正方法としてボトックス菌をたるんだ首に注射する方法があります。筋肉がしびれた状態になり、首のたるみがピンと伸ばされます。

しかしこれもボトックス注射は効果の継続する時期が定まっており、時間の経過とともに次第に元の状態になってしまうという欠点があります。

そのためボトックス注射によるネックリフトは繰り返し行っていかなければならないでしょう。またボトックス注射の量が多いほど、首の筋肉がひきつれた状態になるため、不自然さが残ってしまうこともあるでしょう。

ネックリフトは他の部位に比べると後遺症が出やすい部分でもあるため、やはり医師の技術がすべてという部分もありますので、医師選びは慎重に行った方がよいでしょう。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。ネックリフトの手術における代表的なリスク・デメリットとしては、効果が無い・ひきつれ・傷跡・神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻)・後戻り・糸の干渉・皮膚の凸凹などが考えられます。

若返り・アンチエイジングの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。

ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどでお顔を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

若返り・アンチエイジングの整形でのトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

関連する治療法>>>ネックリフトのリスクとは?

白目の腫れ(浮腫) 目袋の膨らみが残る 凹みすぎ 下まぶたの外反 下三白眼 細かいシワが残る 小ジワの増加 下眼瞼の膨らみ 左右差 凹みが出来る 傷の凹みや段差 目の下から上口唇の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ 笑った時に口元が歪む 涙が溜まりやすくなる 効果がない 中縫いの糸が出てくる つっぱり 感染(化膿) 血が溜まる 傷が開く 白目や角膜の損傷 眼球の火傷 糸の露出 糸に対するアレルギー 糸に違和感・異物感 糸の突っ張り感・引きつり感 神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻) フェイスリフトの禿げ(脱毛) 表情が無くなる コーンが外れる 傷の段差・凹み 耳の変形 色素沈着

ネックリフトの部位・箇所

ネックリフトの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

ネックリフトのダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムはプチ整形の若返り治療で1週間、切るリフトは2週間程度が目安となります。
ダウンタイム中は安静にし、適宜冷やしたり、外出時にはマスクでカバーされる事をお薦めいたします。

ネックリフトの料金相場と安い価格・費用

料金相場はプチ整形なら60万円で、値段は安いと40万程度。

ネックリフトのまとめとオススメ

プチ整形から切るフェイスリフトまで様々な手術方法がありますので、バリエーションの豊富な病院・名医を選び、クオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

オススメの名医を全国でリストアップしておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡いただければ幸いです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。